認定心理士の会

イベント(2016年度)

■ 認定心理士の会 東北公開シンポジウム

テーマ:
「心理学を被災地に活かそう」
日程:
平成28年12月17日(土)午後(13時30分~17時00分)
※終了後,認定心理士の会懇親会を開催します。
 懇親会参加ご希望の方は,合わせてお申し込みください。
場所:
東京エレクトロンホール宮城
(宮城県民会館)6階 601大会議室)
〒980-0803 仙台市青葉区国分町3-3-7
仙台市営地下鉄南北線 勾当台公園駅下車→出口「公園2」から徒歩300メートル(所要時間約10分)
お申込み:
参加希望の方は,メールでjpa-ninnokai-event@psych.or.jpまで,件名「12.17 東北公開シンポジウム参加希望」とし,認定心理士登録番号(認定番号),氏名,メールアドレス,懇親会参加有無を記入してお申込みください。
参加費
無料
懇親会
有料
(17時30分から会場2階「東龍門」にて)
一般3,000円、認定心理士の会会員・本学会会員1,000円
※ 参加希望の方は必ず事前にお申し込みください。お申込みいただいていない方は,ご入場いただけない場合がございます。

プログラム
■ 開会あいさつ 安藤 清志 氏(東洋大学)
■ 基調講演    阿部 恒之 氏(東北大学)
 「被災者のマナー:被災地の日常生活という視点」
■ シンポジウム第1部
 「メンタルヘルスとストレスケア」
(話題提供)
青木 紀久代 氏(お茶の水女子大学)
筒井 雄二 氏 (福島大学)
松井 豊 氏 (筑波大学)
(指定討論)
足立 智昭 氏(宮城学院女子大学)
上埜 高志 氏(東北大学)
■ シンポジウム第2部
 「コミュニティづくりへの支援」
(話題提供)
持田 隆平 氏(早稲田大学)
水田 恵三 氏(尚絅学院大学)
(指定討論)
安藤 清志 氏(東洋大学)
野崎 瑞樹 氏 (東北文化学園大学)
■ 閉会あいさつ 佐藤 隆夫 氏(立命館大学)
■ 総合司会    佐藤 俊彦 氏(東北文化学園大学)

■ 認定心理士の会 関西ワークショップ

当日資料:
講演資料(津田 彰)
分科会資料(津田 彰)
テーマ:
実践!こころを支える心理学―メンタルヘルスを維持・増進するための
心理学ワークショップ―
日程:
2016年9月17日(土)13:30-17:30(受付13:00~)
場所:
立命館大学 大阪いばらきキャンパス AN棟2階 AN211教室
〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150
JR茨木駅から徒歩約5分/阪急電鉄南茨木駅から徒歩約10分
または京阪バス約5分(立命館大学[岩倉公園前]下車)/大阪モノレール宇野辺駅から徒歩約7分
キャンパスへのアクセス:http://www.ritsumei.ac.jp/rs/r2020/campus/oic/access/map.html/
キャンパス内:http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=185984
参加費:
無料
演題:
講演(13:30-14:30予定)
佐藤 隆夫(立命館大学総合心理学部教授・日本心理学会学術担当常務理事)
  「心」のしくみ
津田 彰(久留米大学文学部教授・心理学研究編集委員会副委員長)
  ストレスチェックとメンタルヘルスの維持増進

体験型研修(14:45-17:30予定)
分科会A:津田 彰氏(前掲)・伏島 あゆみ氏(金沢工業大学基礎教育部講師)
  働く人のこころとからだの早期健康チェックを用いたストレスチェックの実践
分科会B:菅 佐和子氏(京都橘大学健康科学部教授)
  「職場」の事例を対象とした検討とロールプレイ

※分科会AとBとを入れ替え制にて両方参加していただきます。

お申込み:
※分科会は定員に達し,現在はキャンセル待ちとなっております。なお,講演は引き続き参加申込みを受付しております。
定員 講演350名/分科会60名(先着順)
参加希望の方はメールにて,お申し込みください。
・宛先:jpa-ninnokai-event@psych.or.jp
・件名:「9.17. ワークショップ参加希望」
・本文:以下の項目を記入してご送信ください。
 1. 認定心理士登録番号(認定番号)
 2. 氏名
 3. メールアドレス
 4. 分科会参加希望の有無
 5. 懇親会参加希望の有無

※分科会へのご参加は,認定心理士(または仮認定を受けられた方)に限定です。また,定員に達しましたら,講演会のみの参加となりますことをご容赦ください。 ※講演会のみのご参加も可能です。

■ 認定心理士の会 キックオフシンポジウム

テーマ:
人間社会に貢献する心理学――その可能性を考える――
日程:
2016年5月22日(日) 14:00-17:00
※終了後,認定心理士の会懇親会を開催します。
  懇親会参加ご希望の方は,合わせてお申し込みください。
場所:
東洋大学 白山キャンパス 6号館1階 6101教室 (定員200名)
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
都営地下鉄三田線「千石」駅 A1出口から「正門・西門」徒歩8分
都営地下鉄三田線「白山」駅 A1出口から「西門」徒歩5分,A3出口から「正門・南門」徒歩5分
東京メトロ南北線「本駒込」駅 1番出口から「正門・南門」徒歩5分
お申込み:
参加希望の方は,メールでjpa-ninnokai-event@psych.or.jpまで,件名「5.22 シンポジウム参加希望」とし,認定心理士登録番号(認定番号),氏名,メールアドレス,懇親会参加有無を記入してお申込みください。
※ 参加希望の方は必ず事前にお申し込みください。
  お申込みいただいていない方は,ご入場いただけない場合がございます。
シンポジスト:
佐藤隆夫(立命館大学教授・日本心理学会学術担当常務理事)
  「もの」を見る研究から見えてきた心理学と社会のつながり
横田正夫(日本大学教授・日本心理学会認定担当常務理事)
  統合失調症とマンガ・アニメの世界
安藤清志(東洋大学教授・日本心理学会総務担当常務理事)
  人々の背中を押して幸せに?―心理学の社会貢献
司会:
高瀬堅吉(自治医科大学教授・認定心理士の会幹事)