共催・後援・協賛行事のご案内

18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication
(IEEE RO-MAN 2009, ロボットと人間の双方向コミュニケーションに関する国際シンポジウム)

18th IEEE International Symposium on
Robot and Human Interactive Communication事務局

会期:
2009年9月27日(日)―10月2日(金)
会場:
富山国際会議場
概要:
本シンポジウムは,毎年各国で開かれているロボットと人間,およびそのコミュニケーションに関する国際会議であり,第1回は1992年に日本で開催され,国内外多数のロボット研究者のみならず心理学者,社会学者らとの情報交換や議論の場として発展してきた。本年はテーマを“Interaction Design based on Robotics for Our Society”としており,社会における双方向コミュニケーションを考えたデザインをロボットの観点から議論する。また,Robot week in Toyamaの核として,Japan Robot Festival(約30社・団体,2万人の来場者見込み)と一連のイベントとして開催される。
これまでのRO-MANの例から,RO-MAN2009の参加者は200~300人程度を見込んでおり,250名の場合には,国外100名,国内150名程度と予想している。

詳細は以下をご覧ください。
http://ro-man2009.org/