共催・後援・協賛行事のご案内

SARMAC(応用記憶認知学会)第8回大会のお知らせ

SARMAC(The Society for Applied Research in Memory and
Cognition)の第8回大会が2009年7月に京都で開催される予定であり,現在,発表・シンポジウム企画の申込を受け付けています.

日本心理学会はSARMACの協賛団体のため,参加費はMember of Affiliated Academic Associations in Japan として早期支払いで2万7千円となっています(通常,非会員は3万2千円).

SARMACは記憶や認知分野の基礎研究と応用研究をつなぐ研究を促進するために作られた国際学会で,公式ジャーナルとしてApplied Cognitive Psychologyを発行しています.大会は2年おきに開催されており,記憶・認知の応用研究,および直接は応用研究でなくても,関連しそうな記憶認知研究が多数発表されています.参加人数は約200人程度で,国内外の研究者とintimateなディスカッションが可能という特徴がある学会です.

広く応用認知研究の発表を募っていますので,是非多くの方の発表申込・参加をお待ちしています.

開催日:
2009年7月26日~30日
http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_office_osaka_j.html
場所:
京都平安会館(御所の西側)http://www.heian-kaikan.com/J/heian.htm
発表申し込み締切:
2008年12月1日
発表形態:
1) 口頭発表:質疑を含めて15分/件。4-6件で1セッションとなります。
2) シンポジウム:4-6件のグループでのセッション単位の申込.各発表は15分/件
3) ポスター発表:発表時間1時間程度。
※1) 2)の申込みが多数の場合,ポスター発表になる可能性があります。

申込は下記のホームページから可能です.
http://sarmackyoto.org (http://sarmacjapan.orgでも入れます。)

発表には,英文でアブストラクト(100語)と申し込み用概要
(200語)が必要ですが,「日本語での申し込み」もできるようにしましたので,下記の日本人向け投稿ガイドをご覧ください.
http://www.tuat.ac.jp/~sarmac/SubmissionGuide.html

また,SARMACのホームページは下記の通りですので,ご覧ください.
http://www.sarmac.org/

PDF版ご案内はこちら