その他の行事

第15回国際意識科学会(ASSC15)の演題締め切り延長の案内

来る2011年6月9日(木)~12日(日)、京都大学百周年時計台記念館において、第15回国際意識科学会(Association for the Scientific Study of Consciousness, ASSC15)を開催いたします。

二点ニュースがあります。
  1. 現在、演題の受付を行っていますが、締め切りの延長を行いました。
    新しい締め切りは2/14(月)です。
  2. あらたにサテライトミーティング「Metacognition and Consciousness」が加わりました。
詳細は下記のとおりです。ぜひ、ふるってご参加ください。

  英語版ポスターはこちら

第15回国際意識科学会(Association for the Scientific Study of Consciousness, ASSC15)
日 時:
2011年6月9日(木)~12日(日)
場 所:
京都大学百周年時計台記念館
大会長:
松沢哲郎(京都大学霊長類研究所)
プログラム委員長:
伊佐正(自然科学研究機構生理学研究所)
会長講演
Ralph Adolphs (Caltech, USA)
基調講演
Ralph Adolphs (Caltech, USA)
基調講演
Pascal Fries (Tubingen, Germany)
David Eagleman (Baylor College pf Medicine, USA)
Fiona Macpherson (University of Glasgow, UK)
Takamitsu Yamamoto (Nihon University, Japan)
Nicholas Humphrey (Cambridge University, UK)
シンポジウム
"Metacogntion and consciousness"
"Consciousness: Powerful or useless?"
"Robotics & Consciousness"
チュートリアル(有料)
"Integrated information, causal density and conscious level."
"Disorders of Consciousness: Coma, Vegetatitve State and Minimally Conscious State."
"Towards a comprehensive theory of subjectivity and selfhood: Philosophy, Cognitive Science, Neurology and Neuroimaging."
"Self-Knowledge: Philosophy meets Cognitive Science."
"The Phenomenology, Neurobiology, and Neurocognitive Basis of Depersonalization."
"Towards the neuroscientific definition and empirical investigation of Qualia."
"Transcranial Magnetic Stimulation and Conscious Awareness."
"Bodily sensations."
サテライトシンポジウム
2011年6月7日-8日(百周年時計台記念館)
 Genetic, Cellular, and Cognitive Approaches to Understanding Social Behavior
2011年6月8日(稲盛財団記念館)
 Metacognition and Consciousness: from Animals to Humans
2011年6月13日(百周年時計台記念館)
 Neurophysiology of Attention and Awareness
※口頭発表、ポスター発表募集中
締め切りは2011年2月14日です。お忘れなく!!