その他の行事

第1回 心理学者の裁判員研究のための基礎知識

□日時:2011年12月17日(土)13:00~17:00

□場所:武蔵野美術大学新宿サテライト(詳細は申込時におしらせします)

□趣旨:近年、心理学の分野で、裁判員の研究が多く見受けられるようになった。しかし、それらの研究の中には、法学の立場からみて明らかにおかしいもの、(必ずしも実務や法学にインプリケーションを与えることは必ずしも研究の意義を評価する軸ではないとはいえ)法学や実務の求める知識形態とはあきらかにズレるものにが少なくない。心理学者の中にも、自分のたてた研究計画がどれくらい現実的な意味をもつのか不安をもっている人も少なくないだろう。そこで、本企画では、若手法学者をお招きして、(1)最低限必要な知識はどのようなものなのか、(2)心理学者に多い間違いはどのようなものなのか、(3)実務や法学はどのような形態の知識を求めているのかについてお話しいただく。質問コーナーも設け、共に学ぶ機会としたい。

□タイムスケジュール:
 13:00 企画趣旨の説明
 13:10 裁判員研究のための基礎知識(吉井匡(香川大学・法学部准教授))
 16:00 コラボレーションのためのディスカッション(吉井匡・荒川歩)
 16:30 質問コーナー
 17:00 閉会

□主催:科学研究費若手研究(B)「裁判員裁判の評議において裁判員の適正かつ実質的な発言を促進する要因の検討」

□後援:法と心理学会

□参加方法:無料です。ただし事前に下記までご連絡ください。
 arakawa@musabi.ac.jp(@を半角に)