その他の行事

JST-ERATO岡ノ谷情動情報プロジェクト研究成果発表会のお知らせ

関係者各位

私たち岡ノ谷情動情報プロジェクト(http://okanoya.jst.go.jp/)は、岡ノ谷一夫教授(東京大学大学院総合文化研究科)を総括とする(独)科学技術振興機構の戦略的創造科学推進事業総括実施型研究(ERATO:http://www.jst.go.jp/erato/index.html)のプロジェクトとして、2009年にスタートしました。4年度目を迎えた今年、所属研究員が自ら解説する研究成果発表会を下記の日程で開催いたします。東京開催は日本心理学会(http://www.psych.or.jp/meeting/jpa/conf2012//)会期終了の翌日となっております。ご多忙の時期とは存じますが,多くの方のご来場をお待ちしております。

総合タイトル:『情動へのティンバーゲン型接近』 全2回

※両開催とも,事前参加予約は不要です。

■東京開催
テーマ:I.機構と機能
日時:2012年9月14日(金)13時~17時30分
場所:東京大学駒場キャンパス18号館ホール
   http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
概要:12:30 受付開始
      13:00 総括より挨拶(岡ノ谷情動情報プロジェクトの経緯と意義)
      13:30 研究員発表     
             発表研究員:藤村友美、有本泰子、関義正、黒谷亨、濱野峻行、大村英史、片平健太郎(順不同) 
      15:00 途中休憩

      16:30 ゲスト講演:大平英樹教授(名古屋大学大学院環境学研究科心理学講座)
      17:00 質問
      17:30 終了

■京都開催
テーマ:II. 発達と進化
日時:2012年10月5日(金)10時~16時30分
場所:キャンパスプラザ京都 4階第2講義室
     (ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側)
      http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=585&frmCd=14-3-0-0-0
概要: 9:30  受付開始
      10:00 総括より挨拶(岡ノ谷情動情報プロジェクトの経緯と意義)
      13:30 研究員発表     
             発表研究員:松田佳尚、渕野裕、直井望、久保賢太、池渕万季、鈴木研太、野中由里 (順不同) 
      12:00途中休憩

      15:00 ゲスト講演:山口真美教授(中央大学文学部心理学教室)
      15:30 質問
      16:00 終了

なお,10月21日(日)には東京国際フォーラム(ホールD5)において一般向けのシンポジウムも開催いたします(http://kokucheese.com/event/index/43811/)ので、こちらにもぜひご参加ください。

主催:JST-ERATO岡ノ谷情動情報プロジェクト(http://okanoya.jst.go.jp/
問い合わせ:プロジェクト事務所(048-487-8431)
Mail : fujita244@okanoya.jst.go.jp (技術参事 藤田剛)