その他の行事

心理学教育の目標設定の再検討:他専攻との対話から

企画趣旨:心理学教育において、「心理学を受講した社会人となるための教養」から「心理学を専門に学んだ社会人となるための教養と専門性」「国際的競争力のある専門家養成の第1段階」まで多様な目標設定と、その方法が議論されてきた。これらの目標設定以外の目標-方法の連関はあり得ないのだろうか?本企画では、最初に、科学技術・法学という心理学以外の専門分野における教育目標の設定、教育方法、およびそれぞれの分野が抱える問題の紹介をしてもらう。その後、それを踏まえて議論することで、心理学教育のあり方の新たな可能性について考える。
話題提供者:
・科学技術の学部教育の目標と方法:松原克志先生(常磐大学国際学部・教授)
・法学の学部教育の目標と方法:石田京子先生(早稲田大学法務研究科・助教)

日程:3月3日(土)14時~16時30分
場所:武蔵野美術大学新宿オフィス(新宿センタービル9階)
参加方法:無料・ただし事前にメールで下記まで申し込みのこと
問い合わせ先:荒川 arakawa*musabi.ac.jp (*を@に)

主催:日本心理学会 心理学教育研究会
研究会URL: http://www.k2.dion.ne.jp/~kokoro/psy-edu/