その他の行事

日本認知心理学会第3回公開シンポジウム
“高齢社会で豊かに生きる 認知心理学の貢献 ――脳,山登り,IT機器”

日時: 2012年3月3日(土曜日) 13時30分~16時30分
場所: つくば国際会議場(中会議室)
対象: どなたでもご参加いただけます。参加費無料
詳細:http://cogpsy.jp/sympo_120303.pdf
話題提供:
ロベルト・カベサ (Roberto Cabeza)(デューク大学) 「高齢者の脳:変化を補うさまざまな形
 (Compensatory brain activity and connectivity in older adults)」 通訳と日本語による解説付き
村越 真(静岡大学) 「中高年登山:楽しみ、効用、そしてリスク」
原田悦子(筑波大学) 「「使う」視点からみたデザイン:使えないのは誰のせい?」

司会:熊田孝恒(産業技術総合研究所)
企画および実行:熊田孝恒、権藤恭之(大阪大学)、原田悦子、須藤智(静岡大学)
主催:日本認知心理学会
共催:独立行政法人科学技術振興機構RISTEX(みんなの使いやすさラボ)
日本認知心理学会高齢者心理研究部会