その他の行事

日本行動計量学会第40回大会チュートリアルセミナーのお知らせ

表題: 構造方程式モデルによる因果推論: 因果構造探索に関する最近の発展
講師: 清水昌平(大阪大学)

日時: 9月13日(木) 13:00- 15:30(開場・受付開始12:30)
場所: 新潟県立大学 1号館 1257教室

申込方法: 大会ホームページ(http://www.unii.ac.jp/bsj2012/tutorial.html)からお申し込みください。
問い合わせ先: チュートリアル・セミナーに関するお問い合わせは、大会事務局( E-mail: bsj2012@unii.ac.jp)までお願いします。

参加費(テキスト込)
早期振込(8/24まで)):正会員 3,000円 学生 2,000円 賛助会員 3,000円 非会員(一般)4,000円非会員(学生)2,000円
当日支払:正会員 4,000円 学生 3,000円 賛助会員 4,000円 (一般)5,000円 非会員(学生)3,000円

概要:
 因果関係を調べることは、多くの実質科学の主な目的の一つである。本チュートリアルでは、まず(1)因果のモデルである反事実モデルを紹介し、次に(2)データ生成過程のモデルとして構造方程式モデルを導入する。そして(3)構造方程式モデルを用いた因果の定式化について説明する。その後、(4)データから因果構造を探索する方法について説明する。
従来の因果構造探索法は、線形性とガウス分布を仮定する方法が盛んに研究されている。データの非ガウス性を利用することで、従来よりも多くの因果構造が同定可能になる。多くの分野においてガウス分布ではうまく近似できないデータがあり、生命科学・社会科学への適用例も増えてきている。そのような因果構造探索に関する最近の発展を重点的に紹介する。