その他の行事

公益社団法人日本心理学会よそおい・しぐさ研究会(YS研)第13回のおしらせ

第13回 「化粧における造形芸術~ ボディ・ペインティングを中心に~」

◆企画趣旨
時代ごとの化粧の特徴はその時代の美意識を色濃く反映している。化粧という装飾は美しくなるという目的のほかに、古くから呪術、通過儀礼、身分の表示など様々な目的として行われた。現代では、化粧の芸術的な面を拡大してみると、ボディ・ペインティングに辿り着くことができる。ボディ・ペインティングは、人間の皮膚本来が持つ質感と色を隠し或いは融和し、全く別のイメージに変えていく手段である。また、モデルの身体特徴によってイメージ が変わっていく。皮膚に彩色した色と図案は、筋肉の動き、見る角度、光の反射ととも変化し、これらのバリエーションは実は、豊冨である。今回の発表は、顔の加齢化粧からボディ・ペインティングの作品についてお話します。
◆話す人
謝恵玲(メイクアップアーティスト/デザイナー)
アーティストとして、第19回全アジアヘア&メイクアップコンテストメイクアップ部門準グランプリ受賞、作品に「闘魚の擬態化粧」ほか、東京家政学院大学や武蔵野美術大学で個展を開催、ボディペインティングの舞台も開催している。また、研究者として著書に「かたち・機能のデザイン事典」(丸善・分担執筆)、論文に「ボディ・ペインティングに関する考察」(東京家政学院大学紀要第48号)を発表するほか、「特殊メイクの教育ビデオ」(東京家政 学院大学 メディア研究室)なども作成している。)
◆日時
2012年9月30日(日)15:30~17:30
◆場所
ルノアール新宿小滝橋通り店2号室
http://meetingnavi.net/facility/simple.php?meeting_id=84
◆参加方法
無料(ただしワンドリンク実費が必要)。会場の都合がありますので事前に下記までご連絡ください。
◆主催
公益社団法人日本心理学会よそおい・しぐさ研究会
◆第13回
  研究会申込先
 
鈴木 suzukirt_[at]nifty.com([at]を@にして下さい)
◆研究会URL
http://www.nurs.or.jp/~suzuki_psychology/ys.html