その他の行事

第14回東アジアの言語処理に関する国際会議 (ICPEAL2012)
The 14th international conference of processing on East Asian Languages

【国際会議の開催のご案内と発表の募集】
第14回東アジアの言語処理に関する国際会議 (ICPEAL2012)
The 14th international conference of processing on East Asian Languages
http://icpeal2012.cog.human.nagoya-u.ac.jp/

【期間】10月26日(金)~ 28日(日)

【場所】名古屋大学(野依記念学術交流館)
アクセス:http://icpeal2012.cog.human.nagoya-u.ac.jp/getting-there/

【概要】
・ 東アジアの言語処理に関心を寄せるアジアと欧米の認知心理学,心理言語学,言語学などの研究者が集い,言語をめぐる多様な関心の基に,コミュニケーションと脳活動などを含めて,活発な議論を行う.
・ 本国際会議は,言語に関する研究上の親睦を深めるのに有効な規模であり,将来の国際的な研究交流の契機を与える.

【基調講演】
田窪 行則 (京都大学)
 “How to get consessive interpretation in Japanese”
R. Harald Baayen (University Tuebingen / University of Alberta)
 “Modeling lexical processing with naive discrimination learning”

【主なスケジュール】
アブストラクト投稿締め切り: 7月15日(土)
採録通知: : 7月30日(月)
参加申込締め切り: 9月30日(日)

【参加費】
早期登録(8月31日まで)
 一般: 26,000円; 学生: 12,000円
通常登録(9月1日以降)
 一般: 28,000円; 学生: 14,000円

【申し込みフォーム】
発表申し込み
 http://icpeal2012.cog.human.nagoya-u.ac.jp/call-for-papers/
参加申し込み
 http://icpeal2012.cog.human.nagoya-u.ac.jp/registration/

【世話人】
ICPEAL2012 local committee chair Hirofumi Saito (Nagoya Univ.)
齋藤洋典(名古屋大学)
E-mail: saito@is.nagoya-u.ac.jp

【問い合わせ先】
ICPEAL事務局
E-mail: icpeal@cog.human.nagoya-u.ac.jp

研究会の最新の情報は
http://icpeal2012.cog.human.nagoya-u.ac.jp/
に掲載いたします。