その他の行事

新学術領域研究「法と人間科学」主催
2013年度第1回実務家研修
「大学のカルト対策~被害者への具体的な援助と方策~」

●日時: 2013 年4 月27 日(土)14:30~17:00(14:00 開場)

●場所: 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 W309 教室

●講師: 桜井義秀(北海道大学大学院・教授:社会学)

●対象: 高校・大学で学務・学生支援を担当する教職員、生徒・学生相談を担当する臨床心理士・スクールカウンセラー、「カルト」被害者支援に携わる福祉・司法関係の専門家(相談所職員、弁護士、警察官、検察官、裁判官等)

●お申し込み方法:
ご参加を希望される方は、以下URLより「申込用紙」をダウンロードしてご記入の上、メールにてお申し込みください。総括支援室よりお返事いたします。
http://law-human.let.hokudai.ac.jp/group/summary/archive/117/308/

●研修概要:
ダミーサークルやSNS(インターネットによるソーシャル・ネットワーク・サービス)を通した、いわゆる「カルト」への勧誘行為が大学内で進行しています。正体を隠した強引・執拗な勧誘、高価な商品の購入要請等に対し、疲弊し、被害を申し立てる学生も増加しています。大学は学生の学習環境を維持し、不当で悪質な勧誘行為から学生を守るために、各種のガイダンスや学生相談業務を行っています。しかし、課題も少なくありません。相談業務や予防対策に対し、信教の自由侵害といった主張が学校長に申し入れられることもあります。
 ここでは、こういったいわゆる「カルト」被害への対応、対策を行うことの教育的根拠、法律上の根拠、および公共性の観点について理解を深め、具体的な対応方法についてグループ・ディスカッションを行います。

*ご参加頂く方は、可能な範囲で、櫻井義秀・大畑昇編『大学のカルト対策』(北海道大学出版会、2012 年)等の書物、論文等に予め目を通していただけましたら幸いです。