その他の行事

医療の質・安全学会  第7回学際的医療研究のための入門講座(ワークショップ)

最期のN週間を考える――「社会で看取る」ためのデザイン
主催:医療の質・安全学会 学際共同研究推進委員会
協力: (株)日立製作所 デザイン本部

※応募要領など詳しくは、http://qsh.jp/130907colab.htmlをご覧ください。

 医療の質・安全学会学際的医療研究のための入門講座は,これから医療研究に踏み出していきたい非医療系研究者と,そうした研究者と現場に役立つ研究を進めていこうとする医療関係者のためのワークショップです.

 第7回目の今年は,第6回で取り上げた「在宅/生活の場での医療」というテーマをさらに掘り下げ,「最期のN週間」をどこでどのように迎えられるのか,そのために必要なことは何か,をテーマとします.末期を自宅で過ごせるといわれても,患者や家族にとって気になるのは「最期のN週間」はどうなるのか,ということです.医療のサポートはどう受けられるのか,ベッドや介護用具はどう揃えればいいのか,生活サイクルはどうなるのか.
 具体的な過ごし方,支え方がイメージできてこそ、患者や家族も,自分の最期のときについて意志決定できるようになるのではないでしょうか.

 これは医療者だけで考えられることでもなければ,患者や家族だけで考えられることでもありません.今年はこれまでと異なり一日での開催となりますが,その分,講師の先生方にもご参加いただいてのワークショップを実現できそうです.
医療現場と他領域の研究者をつなぐ第一歩としての入門講座に,ぜひご参加ください.

日時: 2013年9月7日(土)10時00分 ~20時30分
場所: (株)日立製作所 デザイン本部
    東京都港区赤坂5丁目3-1(赤坂Bizタワー)
    地下鉄千代田線 赤坂駅 徒歩1分/銀座線丸の内線 赤坂見附駅徒歩5分
    ※詳しい場所ならびに入館方法については,参加者に後日ご連絡いたします

基礎講座:テーマと講師

在宅医療での看取り:
   太田秀樹(医療法人アスムス)
新たな地域医療における薬剤師の役割:
   狭間研至(ハザマ薬局)
介護・医療をつなぐ訪問看護師:
   片山智栄(桜新町アーバンクリニック)
ワークショップ話題提供:
   交渉中

対象:
医療研究に興味を持つ社会科学系(社会学/心理学/認知科学ほか),理工学系(情報科学/人工知能/人間工学ほか)の研究者.
あるいは,在宅への移行というテーマに関連して学際的共同研究に興味を持つ医療関係者,研究者.あわせて30名程度.

・医療の質・安全学会および各学会に対して公募し,希望者が多いときには書面選考を行い,同一条件の場合は,若手研究者を優先します.
・原則として,全日程に参加できる方を優先いたします.

参加費:
昼食・懇親会費を含みます.
学生(大学院生を含む) 2,000円 一般 5,000円
※この参加費は,上記の「実費の一部」をご負担いただくものです.その他の経費は主催学会で負担しており,収益事業ではないことをご理解ください

スケジュール(予定 変更の可能性があります):(敬称略)

9月7日(土)
0900-0930 受付
0930-0945 趣旨説明と事務連絡
0945-1100 在宅医療における看取り:太田秀樹
1100-1110 休憩
1110-1225 新たな地域医療における薬剤師の役割:狭間研至
1225-1330 昼食
1330-1445 介護・医療をつなぐ訪問看護師:片山智栄
1445-1455 休憩
1455-1525 話題提供:交渉中 (15分×2)
1530-1830 ワークショップ(グループ討議,全体討議)
1830-2030 懇親会

応募方法:
 詳細は http://qsh.jp/130907colab.html をご覧ください。

応募締切:
 2013年8月10日(土)