その他の行事

日本パーソナリティ心理学会広報委員会主催・2013年度ヤングサイコロジストプログラム(YPP2013)のお知らせ

日本パーソナリティ心理学会では、毎年年次大会の前日にヤングサイコロジストプログラム(YPP) を開催しています。
YPPは、若手研究者同士が互いの研究について議論したり、研究活動を行う上で必要な情報を交換したりする機会を提供することを目的としています。
今年も年次大会の前日にYPPを開催しますので、全国の若手研究者との交流を深める機会として、ぜひ奮ってご参加ください。

・日時 開催日時: 2013年 10月 11日 (金) 15時 ~ 18時 (延長あり)
終了後、19時から会場周辺で懇親会を予定しております。
・場所 開催場所: 東京大学教育学部 第一会議室 (東京メトロ丸の内線 本郷三丁目駅より徒歩5分)
※年次大会とは会場が異なるので十分ご注意ください。なお、大会会場の流山、柏付近に宿泊している参加者の方にも心おきなく懇親会を楽しんでいただけるよう、運営側で帰りの時間管理や交通手段のご案内、近接駅までの誘導をさせていただきます。

・企画内容
(1) 「良い研究」を行うための「つながり」について議論する この企画は、議論を通して参加者の皆さまが、将来有意義で独創性のある研究を行うための手掛かりを得ることを目的としています。
「良い研究」を行うために必要な、研究者の持つべき「つながり」について、参加者の皆さまご自身の考えや経験をもとにディスカッションしていただきたいと思います。
具体的には参加者の皆さまには、所属を超えた交流を持つためのつながり、異なる研究視点の融合発展を促すためのつながり、共同研究を行うためのつながりという3つのつながりについて、それぞれのつながりがどのように得られるか、そして、そのつながりを上手く活かしていくためにはどのようにしたら良いか、各つながりのグループに分かれ、議論していただきたいと思います。そして最後に全体でのディスカッションを行う予定です。
以下に各つながりの定義を簡単にまとめて示します。
(ア)所属を超えた交流を持つためのつながり
学会やSNS等で同じ専門領域の他の研究者とつながること。
(イ)異なる研究視点の融合発展を促すためのつながり
他の専門領域の研究者や、研究者以外の職種(例: 教師・カウンセラー等)とつながること。
(ウ)共同研究を行うためのつながり
一つの研究目的のもとで共同研究を行うために他の研究者とつながること。
(2)研究紹介
ご自身の研究を発表し、議論の場を提供してくださる方を募集します。
発表形式は、一般発表(発表20分、質疑応答10分)とショート発表(発表10分、質疑応答5分)の2通りがあります。発表を希望される方は、発表内容のボリュームに合わせて形式をお選びいただけたらと思います。
・参加資格
学部または大学院に在籍している学生もしくは学部卒業または大学院修了(退学含む)5年以内の方
※日本パーソナリティ心理学会の会員でなくても、参加可能です。
・申込方法
以下の申し込みフォームに必要事項をご記入の上、下記連絡先までお送りください。参加費は無料です。申し込み締切は8月末日です。
なお、会場の収容人数の都合により、定員に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。予めご了承ください。参加ご希望の方は、早めの申し込みを推奨いたします。

-----------------------------------------------------------------------------
氏名:
 所属:
 連絡先e-mail:
 研究領域:
 参加形態: 研究発表あり or 研究発表なし
  (ありの場合、一般発表とショート発表のどちらを希望されるかもお書きください。)
懇親会:参加 or 不参加
その他質問など:
------------------------------------------------------------------------------

注:参加形態および懇親会の部分は、該当するもののみ残してください。
・連絡先 jspp.wk[at]gmail.com ([at]→@)
・詳細は以下のリンクからご覧ください。
http://www.jspp.gr.jp/doc/wk_h25.html

補注:上記の連絡先へのメール送信がうまくいかない場合や、3日以内に返信がない場合は、以下の予備連絡先に改めてご連絡くださいますようお願いいたします。
・予備連絡先 jspp.wk[at]hotmail.co.jp ([at]→@)

・企画:川本哲也(東京大学大学院)、上原依子(大阪大学大学院)、田中孝(大阪大学大学院)、箕浦有希久(関西学院大学大学院)
・主催:日本パーソナリティ心理学会広報委員会(大谷大和、蔵永瞳、古村健太郎、徳永侑子)