その他の行事

平成25 年度文部科学省科学研究費補助金(研究成果公開促進費)「研究成果公開発表(B)」補助事業
日本基礎心理学会公開シンポジウムのご案内

初秋の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
このたび日本基礎心理学会では、平成25年10月26日(土)に慶應義塾大学(東京都港区三田)にて一般公開シンポジウム『基礎心理学がそっと教える勉強の秘訣』を開催いたします。
 本シンポジウムは、参加無料でどなたでも参加できます。開催が差し迫った時期でのご連絡で大変恐縮ですが,多数のご参加をお待ちしております。

一般公開シンポジウム「こころ」ってなんだろう?-心理学が解き明かす心のしくみ-
「基礎心理学がそっと教える勉強の秘訣」
開催日時:2013年10月26日(土)13:00-17:00(12:00受付開始)
開催場所:慶應義塾大学三田キャンパス西校舎2階527教室
(都営三田線三田駅,都営浅草線三田駅,JR 田町駅より徒歩10分)
地図:http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html

参加費無料,事前申し込み不要。どなたでも参加できます。
シンポジウムは2時間半程度を予定しております。シンポジウムの後,実験心理学を紹介する体験デモやワークショップの開催を行います(教室は異なります)。

【挨拶】
坂上貴之(日本基礎心理学会理事長,慶應義塾大学文学部)
皆さんは、研究者はみんな勉強好きだと思っていらっしゃるかもしれません。勉強するとは、今は自分が関心のない事柄を、後で自由に使えるようにすることだと考えますと、実は私たち研究者もどちらかといえば大の勉強嫌いといえます。しかし「勉強する」は、実験をする心理学者にとっては、格好の関心ある対象でもあるのです。
なぜあるものは覚えやすく、思い出しやすいのでしょうか?やる気があるとはどんなことなのでしょうか?何で気が散って仕方がないのでしょうか?短くても集中して勉強に向かった方がいいのでしょうか?睡眠学習とか速読術とかは勉強に役に立つのでしょうか?誰もが勉強で悩む事柄は、心理学では、記憶、動機づけ、注意、学習、生理、知覚といった様々な分野で盛んに研究されています。(こんなふうにみると、私たちにとってこうした研究をすることは、昔苦しんだ勉強へのささやかな「リベンジ」のようにも見えてきます。)
今回、このシンポジウムに参加してくださる先生方は、いずれも心理学の基礎的な分野で活躍されている「学問」好きな先生方です。「学問する」対象は自分の関心ある事柄ですから、「勉強する」とは大きく違います。しかしいずれも手練れの先生方のことですから、きっとご自身の経験もふまえて基礎心理学からの勉強の秘訣をみなさんに語ってくださることでしょう。受験を間近に控えた高校生の皆さん、大学院や就職に向けた勉強にいそしむ大学生の皆さん、そして日々の生活の中で常に勉強に余念のない社会人の皆さんのご来場を心よりお待ちしております。

シンポジウム講演のご紹介
【講演1】
四本裕子(東京大学大学院総合文化研究科)
「学習と睡眠」
テスト直前に睡眠時間をけずって勉強したことがありますか?睡眠不足のままテストを受けたことがありますか?睡眠学習は可能だと思いますか?昼寝すると勉強の効率はあがると思いますか?睡眠中に脳では何がおこっているのでしょうか?講演では、さまざまな種類の学習が、脳の形や機能をどう変化させるかを調べた研究を紹介し、睡眠中の脳の活動の様子や学習と睡眠の関係についてお話します。

【講演2】
熊田孝恒(京都大学大学院情報学研究科/理科学研究所脳科学総合センター)
「勉強と心の働き:注意、作業記憶、計画と実行」
勉強に欠かせない、覚える、思い出す、理解する、考えるといった行動は、基礎心理学でいうところの、注意、作業記憶、計画と行動実行に関する心あるいは脳の機能と密接に関わっています。
この講演では、これら機能の基本的な働きを解説し、そこからわかる勉強の秘訣をお話します。また、ときに これらの機能がうまく働かないのはなぜかという話から、本番で実力を発揮する秘訣についても「そっと」教えます。

【講演3】
小野浩一(駒澤大学文学部)
「総合力で勉強は楽しくなる」
学習心理学・行動分析学の立場から次の3つのことをお話しする予定です。1番目は人間の学習能力には優れた点と同時に落とし穴があるということについて述べます。そして2番目に「勉強」は、大抵の場合、なぜ楽しくないのかということについて分析します。最後に、行動分析学のエッセンスを具体的にお話しし、持続可能な勉強スタイルを習慣化する(やりたくないことをやる)にはどうすればよいか、ということを考えてみたいと思います。

以上,3つの講演の後に,質疑応答がございます。

※なお,シンポジウムの後,日本基礎心理学会「心の実験パッケージ」開発委員会によるワークショップ,会員による実験デモを開催します。

【お問合せ先】
お問い合わせ・連絡先:
〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5
日本基礎心理学会事務センター
Tel:03-5937-5629
Fax:03-3368-2822
E-mail:kisoshin-post@bunken.co.jp