その他の行事

日本神経回路学会2013年度時限研究会
「神経回路網モデルの神経心理学への応用可能性を考える」第2回研究会のご案内

日本神経回路学会2013年度時限研究会
「神経回路網モデルの神経心理学への応用可能性を考える」
第2回研究会の開催を案内させていただきます。
ぜひお誘い合わせの上,ご参加ください。
以前ご案内した情報と日程が変更になっておりますのでご注意下さい。

・開催日:2013年11月16日(土) 13:00-17:00
・開催場所:東京女子大学 9 号館 9105 教室
 http://office.twcu.ac.jp/info/access.html
 http://office.twcu.ac.jp/aboutus/guide/map.html
・参加費:無料
・世話人:浅川伸一(東京女子大学)
・研究会 URL: http://www.cis.twcu.ac.jp/jnns2013/
・申し込み手続き:参加人数を把握するために,asakawa@ieee.org 宛に参加希望の旨をお知らせください。
・演題
    「動物,非動物概念の二重乖離におけるパラメータ過剰問題」 浅川伸一(東京女子大学)
    「心理実験を用いて脳内の学習原理を探る」牧岡省吾(大阪府立大学)
    「機能語の獲得と内容語の獲得の計算モデル」岡夏樹(京都工芸繊維大学)
    「読みにおける表象間の対応に関する組織性と計算効率」伊集院睦雄(東京都健康長寿医療センター 研究所)
・趣旨
神経回路網モデルは,脳の構成論的研究を神経心理学に適用することを基本手法とするが,神経回路網モデルを破壊することによって,さまざまな認知機能の障害をコンピュータ上に再現できる。人間の認知機能と神経回路網モデルのプログラムとを同一視し,かつ,このプログラムを部分的に破壊することと脳損傷を同一視することとによって,近年の神経心理学は大きく変化してきた。
人間の認知機構を理解する上でも,あるいは実際の脳損傷患者の症状を理解するためにも,コンピュータを用いた人工脳損傷研究は重要だと考えられる。倫理上の制約から実際の人間の脳を破壊して実験を行なうことは不可能だからである。神経回路網モデルによる神経心理学的データの解釈は,実際の脳損傷患者を扱う神経心理学に対して強力な道具を提供していると言える。
本時限研究会では,このような事実に鑑み,この分野の研究者間でのコミュニケーションを促進し,もって,研究の活性化を意図するものである。

今回の研究会では,先日大阪府立大学で行われた第1回研究会で議論ができなかったフリートークセッションも積極的に行う予定です。
以下のような話題について議論ができればと考えております。
1. データ表現の問題
2. データの解釈と統計的推論
4. モデルと脳との同型性の問題
5. モデルの解釈,パラメータの決定,データの性質の3者関係

・問い合わせ先:浅川伸一 asakawa@ieee.org