その他の行事

ABLE2014 「知識をつくる教育を探る -Education for Knowledge Creation」(2014/1/18-19)開催のご案内

OECDがまとめた教育に関する報告書『学びの本質』には、教育実践と認知科学をつなぐ重要性が明記されていますが、現状ではその重要性は理解されていても手探りの状況です。日本においてもゆとり教育、学力低下、グローバル化と「問題」だけがひとり歩きしてしまい、本質的な議論は先送りされ続けています。そこで、硬直化した現状に一石を投じるために、時代に対応した新しい教育を巻き起こす、志ある人々をつなぐ国境を越えたコミュニティとして、ABLE-Agents for Bridging Learning research and Educational practiceは結成されました。環境・価値観の激変が避けられず、先を見通すことがますます困難な状況において、たくましくしなやかに学び続けてゆく力をいかに育むかを中心テーマに、認知科学を中心としたさまざまな領域の研究者と教育実践を日々行っている人たちをつなぎ、理論、知識、経験をシェアし、新たな知を創造してゆきます。

ABLE2014では、第一回で講演し、学びについての認識を深めてくれたお二人に再度ご協力いただき、東京コミュニティスクールの市川力とともに、学び手と一緒に認識・仕組みを「つくる」活動を通じて学び手の発見し創造する力を育ててゆく具体的手法を提案します。また、プレゼンテーションとディスカッションだけでなく、内田洋行ユビキタス協創広場CANVASのフューチャークラスルームをフル活用したライブ授業を交えて考えてゆきます。認知科学研究と教育実践との両立を実現した三人によるユニークで先進的な事例を読み解く知的興奮にあふれる2日間にぜひ足をお運びください。

【主催】慶應義塾大学今井むつみ研究室、井庭崇研究室、市川 力(ITS)

【特別協力】株式会社内田洋行
【協賛】科研費新学術領域「予測と意思決定」
【日程】2014年1月18日(土)~19日(日)
【会場】内田洋行・東京ユビキタス協創広場CANVAS
     東京都中央区新川2-4-7
     東京メトロ 日比谷線八丁堀駅A4出口より徒歩4分
     または日比谷線・東西線茅場町1番出口より徒歩5分      http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas.html

【1月18日(土)教育実践と認知科学をつなぐサイエンスカフェ 定員80名】
・10:00 開場
・10:30 オープニングトーク(安西 祐一郎/日本学術振興会)
・11:00 "推論する力をいかに育てるか -Developing Multivariable Thinkers"(Stephanie Ramsey/コロンビア大学)
・12:00 ランチタイム
・13:00 "論証する力をいかに育てるか -ARGUMENTATION the core part of problem-based learning"(Elizabeth Jewett/コロンビア大学)
・14:10 "知識をつくる教育とは -Education for Knowledge Creation"(市川 力/東京コミュニティスクール)

・15:10 コーヒーブレイク
・15:40 ディスカッションタイム(安西 祐一郎×今井 むつみ+フロア)
・16:40 クロージングセッション(~17:00)
・17:30 懇親会(自由参加)

【1月19日(日)知識をつくる学び体感ライブ 定員40名】
・12:30 開場
・13:00 オープニングトーク(今井 むつみ/慶應義塾大学)
・13:20 学び体感ライブ(コーヒーブレイクあり)

Stephanie Ramsey/コロンビア大学
Elizabeth Jewett/コロンビア大学
市川 力/東京コミュニティスクール

・16:10 ディスカッション
・16:50 クロージングセッション(~17:00)
※コロンビア大学のセッションは同時通訳あり

【学び体感ライブ参観について】
学び体感ライブは1日目の発表内容を反映したものであり、またフューチャークラスルームの収容人数は限られているので、ライブ参観は、両日参加なさる方を優先させていただきます。

【参加費】 両日ともに1,000円。懇親会は3,500円
ABLEウェブサイト http://cogpsy.sfc.keio.ac.jp/able/
【お申込み】ご参加お申し込みフォームはこちら:http://goo.gl/G4GLh9
【お問合せ】ABLE運営事務局:able2014@keio.to