その他の行事

数学協働プログラム「人間行動への数理の応用による課題解決」ワークショップのご案内

日本行動計量学会では,非対称データの解析研究部会が中心となり,数学協働プログラム「人間行動への数理の応用による課題解決」のワークショップを下記の要領にて行います.ご興味のある方は是非ご参加ください.

主催:日本行動計量学会
運営責任者:千野直仁(愛知学院大学)
開催時期:2014年2月15日(土)~16日(日)
開催場所:帝京大学 霞が関キャンパス
(東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー9階)
 http://www.teikyo-u.ac.jp/access/kasumigaseki.html

ワークショップの詳細はhttp://coop-math.ism.ac.jp/event/2013W08 および
https://appsv.main.teikyo-u.ac.jp/~satoru/societies/coop-math-2013W08/index.html をご覧ください.

参加申込:必要(下記問い合わせ先までお願いいたします,参加費無料)

問い合わせ先(ワークショップ参加申し込み,懇親会申し込み):
千野直仁 (chino@dpc.agu.ac.jp),
横山暁 (satoru@main.teikyo-u.ac.jp)

プログラム:
2月15日(土)
9:40-10:40 ゆらぎの心理学
 1. Fluctuation in psychology - A fluctuation rule in both recognition and performance. Tiejun Miao (TAOS研究所)
 2. ゆらぎの心理学―心の免疫力と柔軟性に関係する指標の発見― 雄山真弓(関西学院大学名誉教授)
10:55-11:55 小集団の成員間親近度の形成・変容についてのヒルベルト状態空間モデル 千野直仁(愛知学院大学)
13:30-14:30 心理データ解析のための行列分解 足立浩平(大阪大学)
14:45-15:45 「数理心理学の深化」再考 量子論的社会調査データの解析モデル 吉野諒三(統計数理研究所)
16:00-17:00 重複クラスター分析法を用いた社会科学系データの理解 横山 暁(帝京大学)

2月16日(日)
9:30-10:30 渋滞現象の数理と混雑緩和への応用 西成活裕(東京大学)
10:45-11:45 行動科学への数理の応用 探索的データ解析と測度の関係の理解 西里静彦(トロント大学名誉教授)
13:15-14:15 非対称フォン・ミーゼス尺度法 荘島宏二郎(大学入試センター)
14:15-15:15 視覚と錯視のフレームレットモデル 新井仁之(東京大学)
15:30-16:30 ブランドスイッチングの非対称MDSモデルによる解析―ブランドの強みと弱みを把握する― 岡太彬訓(多摩大学)
16:30-16:40 主催者閉会挨拶
日本行動計量学会理事長 岡太彬訓

なお,2月15日(土)のプログラム終了後,懇親会(有料)を予定しております.