その他の行事

公益社団法人日本心理学会よそおい・しぐさ研究会(YS研)
第16回「化粧する」ことに対する意識変化―1990年代から2000年代の少女向け雑誌からの考察

東京未来大学の鈴木公啓です。
公益社団法人日本心理学会よそおい・しぐさ研究会のお知らせです。
第16回の開催が決定しましたので,その詳細をご案内いたします。今回は,京都での開催となります。
第15回からあまり日程が空いておりませんが,皆様の御参加をお待ちしております。

◆企画趣旨
1990年代から2000年代にかけて、「少女が化粧する」ことに対する意識は大きく変化した。本発表では、その意識変化に大きく影響したものとして少女向け漫画雑誌を考察対象とし、作品内での化粧表現や、付録やプレゼントに登場する化粧品の変化について述べたい。

◆話す人
 小出治都子(立命館大学アート・リサーチセンター客員研究員)

◆日時
 2014年2月21日(金)14:00~16:00

◆場所
 立命館大学朱雀キャンパス 209教室

◆参加方法
 参加費は無料です。
 なお,参加の場合は,事前にご連絡いただけると助かります。

◆主催
公益社団法人日本心理学会よそおい・しぐさ研究会

◆第16回研究会申込先
 木戸彩恵(第16回担当)
 ayae310[at]gmail.com([at]を@にして下さい)

◆研究会URL
 http://www.nurs.or.jp/~suzuki_psychology/ys.html