その他の行事

シンポジウム「発達の原理と障害の理解に向けて」

新学術領域研究「構成論的発達科学」(領域代表:國吉康夫 東京大学教授)では,下記の要領で一般公開シンポジウムを開催いたします.胎児期からの認知発達の原理や自閉症などの発達障害を,工学,医学,認知科学,心理学,神経科学,当事者研究を融合することで,学際的かつ構成論的に議論することが目的です.
参加費は無料,参加登録はメールにて受け付けております(下記参照).皆様,奮ってご参加いただきますよう,よろしくお願いいたします.

================================================

会期:2014年3月15日(土) 13:00-16:40

会場:東京大学駒場キャンパス 数理科学研究科棟大講義室

参加申込:件名を「3/15シンポジウム参加」とし,本文に氏名,所属先,職業を 明記して,devsci-koukai140315@isi.imi.i.u-tokyo.ac.jp まで送信ください.

参加費:無料

================================================

プログラム ----------

司会:長井 志江(大阪大学工学研究科 特任准教授)

13:00-13:10 開会の挨拶 
小西 行郎(同志社大学心理学研究科 教授)

13:10-13:40 講演1「発達科学の新たなアプローチ」
國吉 康夫(東京大学情報理工学系研究科 教授, 科学研究費補助金新学術領域研究「構成論的発達科学」領域代表)

13:40-14:10 講演2「当事者から見た発達障害」
熊谷 晋一郎(東京大学先端科学技術研究センター 特任講師)

14:10-14:40 講演3「胎児期からの心の発達」
明和 政子(京都大学教育学研究科 准教授)

14:40-15:00 休憩

15:00-16:30 パネルディスカッション「発達の原理と障害の理解に向けて」

- 司会 -
浅田 稔(大阪大学工学研究科 教授)

- パネリスト -
安西 祐一郎(独立行政法人日本学術振興会 理事長)
大東 祥孝(京都大学 名誉教授,周行会湖南病院 顧問)
國吉 康夫(東京大学情報理工学系研究科 教授)
小西 行郎(同志社大学心理学研究科 教授)
乾 敏郎(京都大学情報学研究科 教授)

- ポジショントーク -

   15:00-15:20 安西 祐一郎(独立行政法人日本学術振興会 理事長)

   15:20-15:40 大東 祥孝(京都大学 名誉教授,周行会湖南病院 顧問)

16:30-16:40 閉会の挨拶 乾 敏郎(京都大学情報学研究科 教授)

主催:文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究
「構成論的発達科学 ―胎児からの発達原理の解明に基づく発達障害のシステム 的理解―」 http://devsci.isi.imi.i.u-tokyo.ac.jp