その他の行事

第8回 国際教育センターフォーラム「多言語・多文化環境で育つ子どもの健全な言語発達のために―就学前・就学初期に大人ができること・すべきことはなにか―(東京学芸大学国際教育センター主催)」のお知らせ

 多言語・多文化環境で育つ子どもたちの言語獲得には、周囲の大人の姿勢や期待、そしてそれに基づくさまざまな決断が大きく影響します。家庭において、乳幼児期に親が自分の母語を使って子どもとコミュニケーションをとることは、子どもが自分や相手の気持ちを理解し、表現できるようになるために不可欠です。反対に、幼児期に母語でのコミュニケーションの経験が十分にないと、子どもは就学後も感情をコントロールすることや集中することが難しくなり、学習の構えがうまく育たないことがあります。さらに教科学習を支える学習言語の発達に遅れが出る可能性もあります。
 そこで今回のフォーラムでは、まずこれまでの研究をとおして見えてきた多言語・多文化環境で育つ子供たちの言語発達の特徴や課題を共有したいと思います。そしてそれを題材にして、子どもたちの就学レディネス、学校での学習に対する姿勢と成果、そして学校やコミュニティでの豊かな社会生活などを支えるために、周囲の大人ができること・すべきことを皆さんと考えていきたいと思います。
 ご関心をお持ちの方々にご参加いただけましたら幸いです。

日時:
2015年3月7日(土) 13:00~16:40
場所:
中野サンプラザ 7階 研修室10(〒164-8512 東京都中野区中野4-1-1)
申し込み・お問い合わせ先:
東京学芸大学国際教育センター 事務室
Tel.042-329-7727,Fax 042-329-7722,メールc-event@u-gakugei.ac.jp
件名「第8回国際教育センターフォーラム申し込み」とし、本文に氏名・所属をご記入ください。
定員:
95名(申し込み受付順)
申し込み締切:
2015年3月4日(水)
URL:
http://crie.u-gakugei.ac.jp/04event/2015/03/post-30.html

【プログラム】

13:00
開会
13:00
開会の辞  池田榮一 (東京学芸大学国際教育センター長)
13:10
趣旨説明  松井智子 (東京学芸大学国際教育センター・教授)
13:25~13:50
日本で生まれた言語的マイノリティ幼児の言語と社会性の発達」
松井智子 (東京学芸大学国際教育センター・教授)
13:55~14:20
「北米都市部における多言語・多文化児童の言語発達」
権藤桂子 (共立女子大学・教授) 
14:25~14:50
「多言語・多文化環境での日本人保護者の教育意識と行動」
稲田素子(立教大学・兼任講師)
―休憩―
15:00~15:50
「FIRST THINGS FIRST: 母語・継承語育成の重要性の再確認」
中島和子(トロント大学・名誉教授)
15:50~16:10
指定討論  塘 利枝子 (同志社女子大学・教授)
16:10~16:40
ディスカッション
16:40
閉会