その他の行事

2015年度ヤングサイコロジストプログラム (YPP2015) のおしらせ

日本パーソナリティ心理学会では、毎年年次大会の前日にヤングサイコロジストプログラム (YPP) を開催しています。今年度のYPPは、有意義で独創性のある研究を「伝える」ための手掛かりを得ることを目的としています。ぜひ奮ってご参加ください。

★詳細は以下のリンクからご覧ください。
http://jspp.gr.jp/doc/wk_h27.html

★開催日時: 2015年 8月 20日 (木) 13時20分 ~ 16時30分 (延長あり)
終了後、17時30分から会場周辺で懇親会を予定しております。
※パーソナリティ心理学会年次大会(2015年8月21日(金)・22日(土))の前日です

★開催場所: 北海道教育大学サテライトキャンパス教室1(JR「札幌駅」西口より徒歩2分)
※年次大会(北海道教育大学 札幌校)とは会場が異なるので十分ご注意ください。

★企画内容
  1. 研究を「伝える」ことについての講演
    外部講師として以下のお二人の先生方を招聘し、研究を「伝える」ということについて講演していただきます。
    • 奥村泰之先生 (医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構 研究部研究員)
      臨床家との共同研究→査読付きの学術論文の公表→研究成果のアウトリーチの3つのプロセスを大切にされており、多くの専門機関との共同研究を行われ、国内/海外ともに多くの研究論文を執筆し、研究成果を分かりやすい形で多くの方に伝えていけるようご尽力されています。
    • 武田美亜先生 (青山学院女子短期大学 現代教養学科 人間社会専攻 准教授)
      コミュニケーションにおける認識やその心理過程について多くの社会心理学研究を行われています。さらに近年では、科学技術の魅力を一般の方々や専門外の研究者にも分かりやすく伝えるような、双方向性のコミュニケーション形態であるサイエンスコミュニケーションの立場からも多くの検討をされています。
  2. 研究発表
    講演いただいた内容も踏まえながら、お互いの研究発表についてどうすればより効果的に「伝える」ことができるかについて、参加者の皆さまでグループごとに議論していただきます。講師の先生方にもオブザーバとしてグループの議論に入っていただき、ご助言をいただく予定です。

★参加資格
学部または大学院に在籍している学生
もしくは学部卒業または大学院修了後(退学含む)5年以内の方
※日本パーソナリティ心理学会の会員でなくても、参加可能です。

★申込方法
以下の申し込みフォームに必要事項をご記入の上、下記連絡先までお送りください。
参加費は無料です。申し込み締切は2015年5月31日(日)です。

なお、会場の収容人数の都合により、定員に達し次第、申し込みを締め切らせていただく可能性もあります。予めご了承ください。
参加ご希望の方は、早めの申し込みを推奨いたします。


氏名:
所属:
修士課程 or 博士課程以上
連絡先e-mail:
研究領域:
懇親会:参加 or 不参加
その他質問など:

注:課程および懇親会の部分は、該当するもののみ残してください。

★連絡先  jspp.wk[at]gmail.com ([at]→@)


企画:
後藤崇志 (京都大学、実行委員長)、清水順子 (北星学園大学)、村木良孝(東京大学)、 沼田真美 (筑波大学)
主催:
日本パーソナリティ心理学会広報委員会