その他の行事

第9回 国際教育センターフォーラムのお知らせ
「多文化保育における子どもの発達の可能性を考える-より柔軟な支援を目指して-」

ポスター

近年,外国人の定住化傾向や国際結婚の増加にともない,日本においても文化的多様性に配慮した保育のニーズが高まっています。日常生活の中で意識する機会はありませんが,私たちの習慣,常識,コミュニケーションの仕方などの多くは,日本文化に特有なものです。私たちが考える良い保育や,適切な子育てのイメージも例外ではありません。外国につながる子どもや保護者との関わりの中で,時として違和感や誤解,摩擦が生じてしまうのも,互いの持つこうした「当たり前」の違いに起因することが多いようです。
日本の保育文化における「当たり前」を見直し,外国につながる子どもを含めた保育のあり方を模索する時期にきています。そのためには,日本文化の枠にしばられない保育実践に目を向けることも有効でしょう。そこで本フォーラムではまず,異なる背景をもつ子どもや大人が対話を通してどのような学びを生み出していくのかに関する基本的な理解を深めます。そのうえで,主に日本語を用いた保育が行われている中華系の園での調査から見えてきた子どもの発達や学びについて,特に,多文化共生を志向する子ども同士のやり取りの特徴や,ことば・数量の認識,多文化保育特有の保育課題や支援のあり方に焦点をあてて報告します。
それをもとに日本の保育を捉えなおし,文化的多様性に配慮した柔軟な発達への支援のあり方について,ご来場の皆さまと一緒に探りたいと考えています。

  • 日時:2016年3月5日(土)13:10~16:30
  • 会場:中野サンプラザ 7階 研修室10(〒164-8512東京都中野区中野4-1-1)
  • 主催:東京学芸大学 国際教育センター
  • 申し込み・お問い合わせ先:東京学芸大学国際教育センター事務室
    Tel.042-329-7727, Fax 042-329-7722, メールc-event@u-gakugei.ac.jp
    件名「第9回国際教育センターフォーラム申し込み」とし,本文に氏名・所属をご記入ください。
    定員95名(申し込み受付順)
    申し込み締切:2016年3月2日(水)
  • URL: http://crie.u-gakugei.ac.jp/04event/2016/03/9-2.html
  • プログラム
    13:10
    開会
    13:10~13:20
    開会の辞 池田榮一(東京学芸大学国際教育センター長)
    13:20~13:30
    趣旨説明 榊原知美(東京学芸大学国際教育センター・准教授)
    13:30~14:20
    子どもが「異」を排除するとき,しないとき」
    佐伯胖(田園調布学園大学・教授,東京大学,青山学院大学・名誉教授)
    14:30~14:55
    「多文化保育における幼児の自発的な共生方略」
    榊原知美(東京学芸大学国際教育センター・准教授)
    14:55~15:20
    「多文化保育における幼児のかかわりとことば」」
    山名裕子(秋田大学・准教授)
    15:20~15:45
    「多文化保育特有の保育課題と保育者の支援のあり方」
    和田美香(聖心女子専門学校・講師)
    15:45~16:00
    コメンテーター 白川佳子(共立女子大学・教授)
    16:00~16:30
    討論
    16:30
    閉会