その他の行事

日本心理学会「注意と認知」研究会第14回合宿研究会のお知らせ(2号通信)

日本心理学会 会員の皆様、

日本心理学会「注意と認知」研究会は、第14回合宿研究会を開催いたします。
参加申し込みの手続きについてお知らせいたします。
研究発表をなさらない方の合宿への参加も歓迎いたします。
たくさんの方々のご参加をお待ち申し上げております。

■概要
日 時:
2016年3月13日(日)~15日(火)
初日は12時45分受付開始、セッションは13時30分開始
場 所:
ホテルサンルートプラザ名古屋
http://www.sunroute-nagoya.co.jp/
会場は2階・葵の間です。
目 的:
注意と認知に関わる研究者の研究発表(口頭発表)と討論の場を提供する。
議論を通して研究者同士の親睦を深める。
参加費:
(宿泊、懇親会費を含む。ご希望の場合は1食1,300円にて朝食を付けられます)
  有職者(学振特別研究員含む) 30,000円程度
  学 生(学振特別研究員除く) 18,000円程度
  *二泊分の宿泊費、懇親会費を含む(朝食をご希望の方は、これに朝食分の料金が加わります)。詳細は合宿最終日に確定の予定。
  希望者には領収書(参加費と宿泊費に分けることも可)を発行します。
  *名古屋近郊の学生の方で宿泊なしをご希望の方はご相談下さい。
特別講演:
國吉康夫先生(東京大学) 「胎児期からの認知発達の構成論的科学にむけて」
※ご参考までに、プログラムを当メール末尾に記載いたします。
 また近日中に発表予稿集を研究会ホームページ
 (http://www.l.u-tokyo.ac.jp/AandC/)にて公開の予定です。
■参加のお申し込みについて
合宿研究会への参加をご希望の方は2016年2月26日(金)までに、下記の必要事項をE-mailにてお送りいただきますようお願いいたします。
(発表採択者は、改めての参加のお申込みは不要です。)

===== 注意と認知研究会 第14回合宿研究会参加申し込み =====
1)お名前
2)ご所属
3)ご身分 (学生:学振の特別研究員の場合はその旨を明記、研究員、教職員など)
4)E-mailアドレス
5)全日程参加 or 部分参加(※原則として全日程参加とします。
  やむを得ない事情により部分参加の場合、ご宿泊の日程を明記願います。)
6)朝食の要・不要
===========================================================

※ 締め切り: 2016年2月26日(金)
※ メールの題名をEntryとし、aandc.camp@gmail.com宛に必要事項をお送りください。

■日本心理学会「注意と認知」研究会 第14回合宿研究会プログラム

(発表者は第一著者のみ記載)


--3月13日(日)-------------------------------------------------------
12:45-13:25 受付
13:25-13:30 開会

【セッション1:大局的視覚情報処理】
  • 13:30-14:00 表情判断における全体処理の役割
     横山 武昌(名古屋大学/日本学術振興会)
  • 14:00-14:30 グループの平均表情知覚の正確性
     上田 祥行(京都大学)
  • 14:30-15:00 顕著性とアンサンブル情報の眼球運動への影響
     熊切 俊祐(京都大学)
  • 15:00-15:30 シーンの意味と構造が眼球運動に与える効果 -写真画像とノイズ画像の比較研究-
     鎌倉 裕介(京都大学)
【セッション2:多感覚処理】
  • 15:45-16:15 共感覚色分布の探索的解析
     濱田 大佐(京都大学)
  • 16:15-16:45 和音と色の感覚間協応の規定因の検討
     熊倉 恵梨香(東京大学)
  • 16:45-17:15 身体運動が単一光点の運動知覚に与える影響
     光松 秀倫(名古屋大学)
【特別講演】
  • 17:30-18:30 胎児期からの認知発達の構成論的科学にむけて
     國吉 康夫(東京大学)
19:00- 懇親会

--3月14日(月)-------------------------------------------------------

【セッション3:注意と個人差】
  • 09:15-09:45 注意欠陥多動性障害児における注意捕捉の検討:完全非関連刺激による視覚探索の妨害
     奥村 安寿子(国立精神・神経医療研究センター)
  • 09:45-10:15 自閉症スペクトラム傾向が選択的注意に及ぼす影響
     増田 奈央子(久留米大学)
  • 10:15-10:45 注意範囲のメタ認知に及ぼす知識および専門職経験の影響
     石松 一真(滋慶医療科学大学院大学)
【セッション4:文脈効果】
  • 11:00-11:30 囚人のジレンマ課題の利得表を複数呈示することによる文脈効果が協力率およびその推定値に及ぼす影響
     川合 裕基(立教大学)
  • 11:30-12:00 競合文脈・抑制文脈の位置における魅力低減効果
     蔵冨 恵(北海道大学)
  • 12:00-12:30 報酬予測行動中の特徴提示がValue-Driven Attentional Captureを生じさせる
     峯 知里(京都大学)
【セッション5:視覚探索】
  • 14:00-14:30 表情刺激の年齢要因が視覚探索課題に与える影響
    惟村 恵理子(お茶の水女子大学)
  • 14:30-15:00 局所的な顕著性の差が引き起こす探索非対称性
    山下 純平(京都大学)
  • 15:00-15:30 画像の記憶のしやすさと視覚的注意の関係
    李 琦(東京大学)
【セッション6:短期記憶】
  • 15:45-16:15 質感の視覚性短期記憶の照明変化に対する頑健性
     津田 裕之(京都大学/日本学術振興会)
  • 16:15-16:45 視覚情報内におけるワーキングメモリ容量独立性
     真田 原行(東京大学)
【セッション7:視覚と行為】
  • 17:00-17:30 サイモン効果は反応頻度の偏りによって変化する
     渡辺 友里菜(愛知淑徳大学)
  • 17:30-18:00 行動目標が注意の割り当てに与える影響:刺激の顕著性の操作による検討
     川島 朋也(神戸大学/日本学術振興会)
【特別企画】
  • 18:00-18:30 注意と認知研究の最前線:Glyn Humphreys先生を偲んで
     熊田 孝恒(京都大学/理化学研究所)

--3月15日(火)-------------------------------------------------------

【セッション8:感情・美感】
  • 9:15-9:45 無意識的処理過程に不快喚起特性が与える影響
     白井 理沙子(関西学院大学)
  • 9:45-10:15 背景画像と表情画像の感情価がLPP振幅に及ぼす影響とその性差
     加戸 瞭介(筑波大学/産業技術総合研究所)
  • 10:15-10:45 芸術作品に対する感性応答の定量評価
     若林 正浩(大阪大学)
【セッション9:空間と認知】
  • 11:00-11:30 デルブーフ錯視はなぜ生じるのか
     西村 友佳(近畿大学)
  • 11:30-12:00 心的視点変換は角度差に応じて質的に異なる2つのスキルを要求する -実験データへの探索的因子分析の適用-
     武藤 拓之(大阪大学)
  • 12:00-12:30 自己に関する空間知覚の特性 -道路形状情報に基づく自己方向・自己位置知覚-
     中島 亮一(理化学研究所)

(以上)


注意と認知研究会 http://www.l.u-tokyo.ac.jp/AandC/

代表者:
横澤一彦(東京大学)
運営委員(五十音順、*合宿担当):
*浅野倫子(立教大学)、石松一真(滋慶医療科学大学院大学)、伊丸岡俊秀(金沢工業大学)、上田祥行(京都大学)、小川洋和(関西学院大学)、河原純一郎(北海道大学)、熊田孝恒(京都大学)、齋木 潤(京都大学)、十河宏行(愛媛大学)、武田裕司(産業技術総合研究所)、*中島亮一(理化学研究所)、新美亮輔(東京大学)、西村聡生(安田女子大学)、松本絵理子(神戸大学)、光松秀倫(名古屋大学)

*お問い合わせは以下のアドレスまでお願い致します.
 E-mail: <aandc.camp@gmail.com>



日本心理学会「注意と認知」第14回合宿研究会のお知らせ(1号通信)

日本心理学会 会員の皆様、

日本心理学会「注意と認知」研究会は、第14回合宿研究会を開催します。
注意と認知についての発表演題を募集しています。

発表をご希望の方は、2016年1月19日(火)までにE-mailにてお申込み下さい(お申込み方法は下記参照)。発表の採否は1月26日(火)頃までにE-mailにてお知らせします。なお、応募者多数の場合には若手研究者を優先します。

発表採択者には2月26日(金)までに2ページ以内の研究会資料の原稿をお送りいただきます。詳細は1月下旬の2号通信にてお知らせします。

皆様のご応募を心よりお待ちしております。

■概要
日 時:
2016年3月13日(日)~15日(火)
場 所:
ホテルサンルートプラザ名古屋
http://www.sunroute-nagoya.co.jp/
特別講演:
國吉康夫 先生(東京大学)
「胎児期からの認知発達の構成論的科学にむけて」
目 的:
注意と認知に関わる研究者の研究発表(口頭発表)と討論の場を提供する。議論を通して研究者同士の親睦を深める。
参加費:
(宿泊、懇親会費を含む。ご希望の場合は1食1,300円にて朝食を付けられます)
  有職者(学振特別研究員含む) 30,000円程度
  学 生(学振特別研究員除く) 18,000円程度
  *名古屋近郊の学生の方で宿泊なしをご希望の方はご相談下さい。
■発表申込(2016年1月19日締切)
発表は全て口頭発表(発表15~20分、質疑応答15~10分。
1人30分の枠内で質疑の時間を十分に取るため、15分程度での発表を推奨します)。
発表内容は自身の研究データに基づいたもの(発表済みの内容も可)とします。
文献紹介・レビュー等は認められませんのでご注意ください。

演題募集テーマ:
  • 物体認知(オブジェクトへの注意、空間表象など)
  • 注意の時空間的特性
  • 自然画像の認知(風景・顔など)
  • 知覚一般(色・時間知覚など)
  • 視覚と行為の相互作用
  • モダリティ間相互作用
  • 文字・単語認知
メールのタイトルを「Submit」とし、<aandc.camp@gmail.com>宛に下記必要事項を記載の上お送り下さい。

応募必要事項
  1. お名前
  2. ご所属
  3. ご身分(学生:学振特別研究員の場合はその旨を明記、研究員、教職員など)
  4. E-mailアドレス
  5. 発表題目
  6. アブストラクト(400字以内)
  7. 該当する募集テーマ
  8. 全日程参加 or 部分参加(※原則として全日程参加とします。やむを得ない事情により部分参加の場合、ご宿泊の日程を明記願います。
  9. 朝食の要・不要
締め切り:2016年1月19日(火)
■参加申込
発表者以外の方の合宿への参加お申し込みにつきましては1月下旬より受付致します。詳細は2号通信にてお知らせします。
■スケジュール
2016年 1月19日 発表申し込み〆切
2016年 1月26日 採否の通知(応募者多数の場合は若手を優先します)
2016年 1月下旬 参加申し込み受付開始(2号通信)
2016年 2月26日 研究会資料原稿〆切・参加申込(宿泊申込を含む)〆切

注意と認知研究会  http://www.l.u-tokyo.ac.jp/AandC/

代表者: 横澤一彦(東京大学)
運営委員(五十音順、*合宿担当):
*浅野倫子(立教大学)、石松一真(滋慶医療科学大学院大学)、伊丸岡俊秀(金沢工業大学)、上田祥行(京都大学)、小川洋和(関西学院大学)、河原純一郎(北海道大学)、熊田孝恒(京都大学)、齋木 潤(京都大学)、十河宏行(愛媛大学)、武田裕司(産業技術総合研究所)、*中島亮一(理化学研究所)、新美亮輔(東京大学)、西村聡生(安田女子大学)、松本絵理子(神戸大学)、光松秀倫(名古屋大学)

*お問い合わせは以下のアドレスまでお願い致します.  E-mail: <aandc.camp@gmail.com>