その他の行事

公益社団法人日本心理学会 心理学教育研究会企画
「明日から使える!教育効果を高めるICTツールと教育技法の紹介」

企画
本田周二(島根大学)・北村英哉(関西大学)
日時
2016年3月30日(水)16時~18時
会場
東洋大学白山キャンパス6号館2階6206教室
アクセス:http://www.toyo.ac.jp/access/hakusan_j.html
学内マップ:http://www.toyo.ac.jp/site/access/campus-hakusan.html
企画趣旨
近年、アクティブラーニングなどの学生の主体性を引き出すための教育に大きな注目が集まっている。教育の質保証に対する社会的要請が強まる中、一方向的な講義ではなく、学生と双方向にやり取りをすることで、学生の授業への取組みに対する動機づけを高め、理解を促進するための手法について学ぶことはこれからの大学教員が求められるスキルの一つであろう。本企画では、FD研修の講師経験が豊富な大阪大学の家島明彦先生をお招きし、教育効果を高めるためのICTツール(例えばREAS=リアルタイム評価支援システム)や、アクティブラーニングを促すための教育技法についてご紹介いただく。ツールや技法の概要、効果、具体的な実施方法をお話しいただくことで、会場の皆さんがこれらのツールや技法を使って授業ができるようになることを目指す。
講演者
家島明彦先生(大阪大学教育学習支援センター 講師)
司会
北村英哉(関西大学)
参加費
無料
問い合わせ
本田周二hondashu@jn.shimane-u.ac.jp(@を半角に)
主催
公益社団法人 日本心理学会 心理学教育研究会
研究会ウェブ
http://www.k2.dion.ne.jp/~kokoro/psy-edu/