その他の行事

災害被害者支援に関する研究会(5月18日・2016年度 第33回定例研究会)のご案内
(明治大学危機管理研究センター)

ポスター

当センターは、日本自治体危機管理学会と共催で、以下の要領で定例研究会を開催します。
皆様のご出席を心よりお待ち申し上げております。

  • 日  程: 2016年5月18日(水) 18:30-20:00(受付は18:00より)
  • 場  所: 明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン8階308E教室
          *参加は無料です。
  • 講演タイトル: 『災害後に、現場で求められる心理的応急処置(PFA)とは?』
  • 講師: 種市康太郎氏(桜美林大学心理・教育系教授)
【講演概要】
 自然災害のみならず、事故や事件に遭遇して危機的状況に見舞われている人々に対する支援の方法として、安全で有効とされる手法がPFA(サイコロジカル・ファースト・エイド)です。講演者はPFAの研修講師の一人として、PFAの普及に関わってきました。
 東日本大震災以降、災害時の心のケアやそのあり方が問われる中、PFAについてご議論いただき、建設的なご意見を賜れればと思います。
【講師略歴】
 桜美林大学心理・教育学系教授。放送大学非常勤講師、東京医科大学公衆衛生学分野客員講師、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所災害時こころの情報支援センター客員研究員。博士(文学)。臨床心理士、精神保健福祉士。
 企業の従業員を対象とするカウンセリングや、管理職への研修などの臨床活動およびストレス調査などの研究に長年関わっている。東日本大震災後には東北地区の企業従業員を対象とした健康調査と面談、地域の消防団員への健康教室などの活動に関わる。

<参加申込>
  1. E-mailでのお申込み:件名を「第33回定例研究会参加申込」とし、以下の申込用紙に書かれている必要事項をご記入の上、事務局までご送信ください。
    [E-mail :crisishp(at)meiji.ac.jp]
    ((at)→@)
  2. FAXでのお申込み:申込用紙に必要事項をご記入の上、事務局までお送りください。

申込用紙(Wordファイル)