その他の行事

International Association for Cross-Cultural Psychology (IACCP) 2016のお知らせ

 http://www.iaccp2016.com/

期日
2016年7月30日(土)~8月3日(水)
会場
ウィンクあいち(JR名古屋駅から徒歩5分: http://www.winc-aichi.jp/
(初日のワークショップとレセプションは、名古屋大学で開催されます)

2016年夏、International Association for Cross-Cultural Psychology(国際比較文化心理学会)の大会が名古屋で開催されます。近年、心理学はもとより、社会科学全体で、「文化」の影響を視野に入れた理論構築の重要性が広く認識されつつあります(Gelfand et al., 2011; Henrich, Heine, & Norenzayan, 2010; Talhelm et al., 2014)。人間自身が作り出す文化に、人間はどのような影響を受けているのか。この問題に長年取り組んできた本学会の大会が、ついに日本で開催されることになりました。大会開催はまだ先ですが、ぜひカレンダーにマークをお付けください。

すでに大会WEBサイトが立ち上がっております(http://www.iaccp2016.com/)。
情報は随時更新されます。
アブストラクト募集は、2015年10月開始予定です。皆様のご参加を心からお待ちしております。

Organizing Committee:
唐沢穣(名古屋大学)
高井次郎(名古屋大学)
五十嵐祐(名古屋大学)
浅井暢子(京都文教大学)
村本由紀子(東京大学)
佐藤剛介(名古屋大学)
菅さやか(愛知学院大学)
竹村幸祐(滋賀大学)
Scientific Committee:
結城雅樹(北海道大学)
石井敬子(神戸大学)
内田由紀子(京都大学)
Sylvia X. Chen (Hong Kong Polytechnic University)
Incheol Choi (Seoul National University)
浜村武(Curtain University)
Steven J. Heine (University of British Columbia)
増田貴彦(University of Alberta)
松見淳子(関西学院大学)
宮本百合(University of Wisconsin-Madison)
Beth Morling (University of Delaware)
Vinai Norasakkunkit (Gonzaga University)
References
Henrich, J., Heine, S. J., & Norenzayan, A. (2010). The weirdest people in the world? Behavioral and Brain Sciences, 33, 61-83.
Gelfand, M. J., Raver, J. L., Nishii, L., Leslie, L. M., Lun, J., Lim, B. C., ... & Yamaguchi, S. (2011). Differences between tight and loose cultures: A 33-nation study. Science, 332(6033), 1100-1104.
Talhelm, T., Zhang, X., Oishi, S., Shimin, C., Duan, D., Lan, X., & Kitayama, S. (2014). Large-scale psychological differences within China explained by rice versus wheat agriculture. Science, 344(6184), 603-608.