その他の行事

日本学術会議 公開シンポジウム「自己を知る脳・他者を理解する脳~融合的アプローチに よる社会脳研究の魅力~」の開催について (ご案内)

ポスター(PDFファイル)

◆日 時:2016年9月10日(土)13:00 ~17:00

◆場 所:日本学術会議 講堂(東京都港区六本木7-22-34)

◆主 催:日本学術会議 心理学・教育学委員会 脳と意識分科会、基礎医学委員会 神経科学分科会、臨床医学委員会 脳とこころ分科会

◆参加費:無料

◆定 員:先着300名(申し込みは不要です)
 ※定員を超えた場合は受付終了となりますのでご了承ください。

◆次 第:
13:00
開会あいさつ
苧坂直行(3分科会合同シンポジウム世話人)
大西 隆(日本学術会議会長)
13:10-14:10
融合的社会脳研究からみた「自己と他者」―先端人文社会科学、脳科学と情報学の接合
司会:安西祐一郎(日本学術振興会理事長)

演者1:「融合社会脳科学の展望―脳の中の自己と他者」
苧阪直行(京都大学名誉教授、日本学士院会員)

演者2:「乳幼児の自己と他者の心の発見―認知ロボット工学から考える社会脳の芽生え」
長井志江(大阪大学工学研究科特任准教授)
14:10-15:10
動物の社会脳からみた「自己と他者」
司会:岡部 繁男(東京大学大学院医学系研究科教授)

演者3:「霊長類動物を用いた社会脳研究:ニューロンは自己と他者の情報をどのように表現するか」
磯田昌岐(自然科学研究機構生理学研究所教授)

演者4:「手綱核による社会的上下関係を巡る闘争の制御」
岡本仁(理化学研究所脳科学総合研究センター副センター長)
休憩<休憩20分>

15:30-16:30
発達障害とうつからみた「自己と他者」
司会:山脇 成人(広島大学大学院医歯薬保健学研究院教授)

演者5:「発達障害の早期発見と早期支援」
神尾陽子(国立精神・神経医療研究センター精神保健ケンキュウジョ部長)

演者6:「自己制御理解にもとづくうつ病の治療支援―融合的アプローチ」
岡本泰昌(広島大学大学院医歯薬保健学研究院准教授)