その他の行事

「マインドフルネスと身体感覚/自己感ワークショップ」のご案内

下記の通り,マインドフルネスと身体感覚/自己感ワークショップを第八回多感覚研究会の中で開催いたします。ぜひご参加ください。

最近よく話題になるマインドフルネスは「意図的に、今この瞬間に、判断せずに、注意をとどめること」だといわれています。マインドフルネスの構成要素として①「注意制御」②「情動調整」③「身体感覚への気づきと自己感の変容」が挙げられており、その科学的研究は「注意制御」から始まり、「情動制御」を経て、今まさに「身体感覚への気づきと自己感の変容」へと注目が集まっています。本ワークショップでは、異なる分野の研究者の方々に、多感覚・身体感覚・自己感・マインドフルネスについて講演していただき、身体感覚と自己感の関係をマインドフルネスという視点から検討することの可能性を知っていただくとともに、議論を深めて今後の研究に役立てたいと思います。

日時
2016年11月19日(土)14:00-17:00
場所
早稲田大学 戸山キャンパス
マップ・交通アクセス https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
企画・司会
藤野正寛(京都大学)
北川智利(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)
講演者
大平英樹(名古屋大学)
傳田光洋(資生堂グローバルイノベーションセンター & JST CREST)
菅村玄二(関西大学)
井上ウィマラ(高野山大学
討論者
熊野宏昭(早稲田大学)
参加方法
参加される方は多感覚研究会のウェブページから参加登録をお願いいたします。 https://sites.google.com/site/multisensejapan
お問い合わせ
藤野正寛 masahiro.fujino at gmail.com
北川智利 kitagawa.norimichi at lab.ntt.co.jp
(at を@に置き換えてください)