その他の行事

日本心理学会「注意と認知」第15回合宿研究会のお知らせ(1号通信)

日本心理学会 会員の皆様、

日本心理学会「注意と認知」研究会は、第15回合宿研究会を開催します。
注意と認知についての発表演題を募集しています。

発表をご希望の方は、2017年1月10日(火)までにE-mailにてお申込み下さい(お申込み方法は下記参照)。発表の採否は1月17日(火)頃までにE-mailにてお知らせします。なお、応募者多数の場合には若手研究者を優先します。

発表採択者には2月17日(金)までに2ページ以内の研究会資料の原稿をお送りいただきます。詳細は1月下旬の2号通信にてお知らせします。 皆様のご応募を心よりお待ちしております。

■概要
日 時:
2017年3月5日(日)~7日(火)
場 所:
ホテルサンルートプラザ名古屋
http://www.sunroute-nagoya.co.jp/
特別講演:
今水 寛 先生(東京大学)
「認知機能と脳のネットワーク」
目 的:
注意と認知に関わる研究者の研究発表(口頭発表)と討論の場を提供する。
議論を通して研究者同士の親睦を深める。
参加費:
(宿泊、懇親会費を含む。ご希望の場合は1食1,300円にて朝食を付けられます)
有職者(学振特別研究員含む) 30,000円程度
学 生(学振特別研究員除く) 18,000円程度
*名古屋近郊の学生の方で宿泊なしをご希望の方はご相談下さい。
■発表申込(2017年1月10日締切)
発表は全て口頭発表(発表15~20分、質疑応答15~10分。
1人30分の枠内で質疑の時間を十分に取るため、15分程度での発表を推奨します)。
発表内容は自身の研究データに基づいたもの(発表済みの内容も可)とします。
文献紹介・レビュー等は認められませんのでご注意ください。

演題募集テーマ:
  • 物体認知(オブジェクトへの注意、空間表象など)
  • 注意の時空間的特性
  • 自然画像の認知(風景・顔など)
  • 知覚一般(色・時間知覚など)
  • 視覚と行為の相互作用
  • モダリティ間相互作用
  • 文字・単語認知
  • 注意と認知一般
メールのタイトルを「Submit」とし、<aandc.camp@gmail.com>宛に下記必要事項を記載の上お送り下さい。

応募必要事項
  1. お名前
  2. ご所属
  3. ご身分(学生:学年・学振特別研究員の場合はその旨を明記、研究員、教職員など)
  4. E-mailアドレス
  5. 発表題目
  6. アブストラクト(400字以内)
  7. 該当する募集テーマ
  8. 全日程参加 or 部分参加(※原則として全日程参加とします。
    やむを得ない事情により部分参加の場合、ご宿泊の日程を明記願います。)
  9. 朝食の要・不要
締め切り:2017年1月10日(火)
■参加申込
発表者以外の方の合宿への参加お申し込みにつきましては1月下旬より受付致します。詳細は2号通信にてお知らせします。
■スケジュール
2017年 1月10日 発表申し込み〆切
2017年 1月17日 採否の通知(応募者多数の場合は若手を優先します)
2017年 1月下旬 参加申し込み受付開始(2号通信)
2017年 2月17日 研究会資料原稿〆切・参加申込(宿泊申込を含む)〆切
注意と認知研究会 http://www.l.u-tokyo.ac.jp/AandC/

代表者: 横澤一彦(東京大学)
運営委員(五十音順、*合宿担当):
浅野倫子(立教大学)、石松一真(滋慶医療科学大学院大学)、伊丸岡俊秀(金沢工業大学)、上田祥行(京都大学)、小川洋和(関西学院大学)、河原純一郎(北海道大学)、熊田孝恒(京都大学)、*蔵冨 恵(高知工科大学)、齋木 潤(京都大学)、武田裕司(産業技術総合研究所)、*中島亮一(東京大学)、新美亮輔(新潟大学)、西村聡生(安田女子大学)、松本絵理子(神戸大学)、光松秀倫(名古屋大学)、李 琦(東京大学)

*お問い合わせは以下のアドレスまでお願い致します.
 E-mail: <aandc.camp@gmail.com>