その他の助成・人事公募

研究公募情報

脳と創造性に関する研究助成について

本法人の目的:本会は、脳科学の研究を通して創造性の謎に迫り、誰もが潜在的に持っている「創造性」を発揮する技法の開発を目指しています。その活動の一環として毎年、「脳と創造性に関する基礎的研究」に対し助成と褒賞を行っています。

このたび2010年度の研究助成の募集を以下のように行います。

研究助成(創造性研究奨励賞)

【対象分野】
「創造性」に関する脳科学的エビデンスの解明にかかわる研究、および創造性技法の開発を目指した研究
近年急速に発達した脳イメージング技術を活用した創造性に関わる脳の高次機能の解明や神経伝達物質の探索など、脳科学的エビデンスを求める幅広い研究を期待します。また誰にでも利用可能な創造性技法の開発を目指した研究でもかまいません。使用する言語は日本語または英語です。
【助成金額】
総額400万円以下:1件100万円×(3~4件)
【助成条件】
助成金の使途は特に定めません。概ね1年後に文書による研究助成報告書の提出をお願いします。報告書の内容はNPOホームページに掲載します。また口頭による報告をお願いする場合があります。
【応募資格】
特に規定しません。
【助成応募方法】
ホームページから研究助成申請書をダウンロードし、内容を記入のうえ、下記の E-mailアドレスへ、電子メールに添付して送信してください。
ファイル形式はWord形式(.docまたは.docx)でお願いします。
【応募締め切り】
2011年2月3日(木)
【選考と発表】
選考委員会(委員長:甘利俊一)において選考し、2011年3月20日ごろに開催予定の第4回フォーラムの席上で発表します。

褒賞(創造性研究褒賞)

【対象分野】
「脳と創造性」に関する基礎的な研究、または創造性に関する脳科学技術の向上に役立つ研究で、内容が独創的なもの。
【褒賞金額】
総額150万円
【選考と発表】
過去5年以内に専門誌等に発表された研究論文、講演、報告等の内容を選考委員会において検討・選考し、同じく第4回フォーラムの席上で発表します。応募していただくものではありません。

問合せ・応募先

NPO法人 ニューロクリアティブ研究会 (岡山事務局) 担当:金子 弘
〒703-8282 岡山県岡山市中区平井6-6-11 ㈱三城 光学研究所内
TEL:086-272-5599 FAX:086-271-5225
http://www.neurocreative.org/indexJ.php
Email: hiroshi.kaneko@paris-miki.jp

個人情報の取り扱いについて

申請に係わる個人情報の取り扱いについては、審査のために選考委員に開示するほかは、公表しません。なお採択決定分につきましてはNPOリポート及びNPOホームページ上で氏名及び所属を公表いたします。