研究公募情報

人工知能と人間社会に関する意見募集のお知らせ(内閣府,7/31まで)

内閣府では,第5期科学技術基本計画で掲げたSociety 5.0の実現の鍵である人工知能の研究開発を健全に進展させるべく,人工知能と人間社会の関わりについて検討を行うため,内閣府特命担当大臣(科学技術政策)の下に「人工知能と人間社会に関する懇談会」を設置し開催しています。

当懇談会では,人工知能と人間社会の関わりについて,倫理,法,経済,社会,教育,研究開発等の点から,「移動」や「製造」等の事例ごとに具体的に検討を深めていきます。
特に,既に実現されている技術,または近く実現される技術が利用される事例に焦点をあてて議論を進める予定です。

つきましては,懇談会の議論に様々な御意見を反映させるため,将来に備えて議論しておくべき論点など,御意見を広く募集させていただきたく存じます。 以下の入力フォームから,みなさま自身が関心があり切実な問題と思う論点をお寄せ下さい。

御意見の入力フォームのページ
https://form.cao.go.jp/cstp/opinion-0198.html
募集期間:平成28年7月7日~平成28年7月31日12時

論点の例として,人工知能が自動車やスマホアプリに広く浸透した社会では,そうした機械やソフトウェアがトラブルを起こした時の責任の所在はどこか,というものがあります。その他の論点の例については以下の参考資料を御覧ください。

参考資料
http://www8.cao.go.jp/cstp/pubcomme/ai/ai_human.pdf

当懇談会の詳細につきましては以下を御覧ください。
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/ai/index.html

ご協力の程,何卒よろしくお願い申し上げます。