助成・公募等のご案内

人事公募情報

大田区立教育センター 教育相談員(心理) 育休等代替職員募集のご案内

  1. 職務内容
    主に教育相談又は就学相談を受け、カウンセリングや心理検査等を行います。
  2. 応募資格(下記のいずれかの条件を満たす人)
    (1)大学院又は専門の養成機関において主として心理学に係る課程を履修し、修士以上の学位を有し、臨床経験や小・中学校、教育相談機関で相談業務に従事した経験が1年以上ある人
    (2)臨床心理士もしくはこれに準じる資格を有し、臨床経験や小・中学校、教育相談機関で相談業務に従事した経験が1年以上ある人
  3. 募集人員
    1名
  4. 雇用予定期間
    平成25年10月1日から平成26年3月31日の間 ただし、育児休業等期間の終期(平成26年10月末の予定)を限度として再任する場合があります。
  5. 勤務場所
    大田区立教育センター(大田区池上1-32-8 東急池上線 池上駅下車)
  6. 勤務条件
    (1)勤務日:月平均16日、土・日曜勤務を含みます。(上記4の期間の総日数は96日)
    (2)勤務時間:1日6時間で、午前10時~午後8時の間の割り振られた時間
    (3)休日:①国民の祝日及びその振替休日 ②12月29日~1月3日
    (4)報酬:大田区教育委員会の規定による。月額20~23万円程度+交通実費(上限あり)
    (5)保険関係:雇用保険、健康保険、厚生年金保険を適用します。
    (6)身分:大田区教育委員会の非常勤職員となります。
  7. 応募方法
    (1) 履 歴 書 市販の様式又はそれに準じたもの。
    具体的な記述事項は大田区ホームページ(「職員募集」コーナー)をご覧いただくか、下記へお問合せください。
    (2) ケースレポート
    幼児又は小・中学生に関わった事例について(レポートの構成:①自ら関わった事例、②そこから何を学んだか、③教育相談員としての抱負)A4用紙800~1,200字程度
    (3)申込期限 平成25年8月23日(金)【必着】
    (4)そ の 他 提出された書類は、一切返却しません。郵送又は持参してください。
  8. 選考方法
    (1)第一次選考  書類選考の後、第二次選考対象の方のみ案内を通知します。
    <ケースレポートの評定基準>
    採点要素 主な着眼点
    問題意識 心理職としての経験・専門的知識に基づき状況認識ができているか。
    問題意識に幅広さや深さが感じられるか。
    問題に取組む意欲が感じられるか。
    論理性 ケース概要及びそこから学んだものが、論理的に記述されているか。記述内容に説得力があるか。
    独自性・表現力 自分の言葉で記述しているか。作文の表現力が豊かか。教育相談員としての抱負を明確に述べているか。
    その他 学校や関係機関との連携や協働の必要性について、認識しているか。

    (2)第二次選考  面接選考
    日 時  平成25年9月7日(土)
    場 所  大田区立教育センター(大田区立池上会館4階)
    <面接の評定基準>
    採点要素 主な着眼点
    知識・技能 児童心理・発達心理に関する専門的な知識を有するか。
    教育相談に関して必要な経験と相談技法を有しているか。
    積極性 意欲を持って、教育相談・就学相談に当たることができるか。
    勤勉性 相談員として責任を持って、真面目にかつ熱心に職務に当たることができるか。
    対人関係能力 受容的に相手の話を聞き、相手に安心感を与えることができるか。
    他の心理職や教職経験者の教育相談員と共同して業務を遂行できるか。
    その他 学校を始めとする関係機関と連携を取って相談活動を展開しようとする考えを持っているか。
    *最終結果を9月13日(金)頃に郵送で通知いたします。
  9. 申込み及び問合せ先
    〒146-0082
    大田区池上1-32-8(池上会館内)
    大田区立教育センター 採用担当
    電話:5748-0801 FAX:5748-1390
    E‐mail:kyoikuce@city.ota.tokyo.jp