機関誌「心理学研究」

Vol.54 No.4

執筆者 タイトル 開始P 終了P 種類
曽我祥子 日本版STAIC標準化の研究 215 221 1
昇地勝人 脳性マヒ児の回転的図形構成に関する研究 222 228 1
田中靖政、別府庸子 原子力と色彩象徴 229 235 1
山田幸代、山口快生 自由想起におけるリハーサル方略の発達 236 242 1
北尾倫彦 自由再生課題における分散効果の研究 243 249 1
中條和光 日本語単文の理解過程―文理解リカイストラテジーの相互関係― 250 256 1
安永悟 観察前における課題構造の理解水準とモデリング効果との関係 257 263 1
菊野春雄 順向抑制解除と検索過程における弁別困難性 264 267 2
津田泰弘 試行後エピソードがラットの条件づけに及ぼす効果 268 272 2
中西秀彦 混雑感に及ぼす他者の行動予測性の効果―コンピューター・シュミレーションによる― 279 285 1
※種類: 1…原著、2…資料、3…他