機関誌「心理学研究」

Vol.55 No.4

執筆者 タイトル 開始P 終了P 種類
半田智久 ハトの短期情報処理過程 201 206 1
永井撤 治療過程における心理療法家の属性に関する研究―意味のあるクライエントの動きの評価について― 207 213 1
釘原直樹、三隅二不二 緊急恐怖状況下の迷路脱出に及ぼすリーダーシップ条件効果に関する実験的研究 214 220 1
石毛明子、箱田裕司 カテゴリー群化における典型性効果 221 227 1
橋口捷久 外的報酬と正のフィードバックが内発的動機づけに及ぼす効果 228 234 1
坂西友秀 観察者の帰属作用に影響する先行経験及び視点要因の検討 235 241 1
城仁士 空間表象における座標系の変換能力の発達 242 245 2
大村英子 奥行回転ストロボ運動と刺激の形態特性、傾き、および凝視位置 246 249 2
鮫島宗弘、山下利之、増山英太郎 脳性麻痺者のトラッキング動作の特性 250 253 2
※種類: 1…原著、2…資料、3…他