機関誌「心理学研究」

Vol.56 No.1

執筆者 タイトル 開始P 終了P 種類
仲真紀子 文脈の形成に関する実験的研究―形成に関わる要因と形成された文脈の性質― 1 7 1
城仁士 空間表象課題における座標変換ルールシステムの形成 8 14 1
神谷俊次 項目の形態的情報が再認記憶に及ぼす効果 15 21 1
山下利之、鮫島宗弘 脳性麻痺者のトラッキング動作の研究―筋収縮シュウシュクと動作知覚について― 22 28 1
釘原直樹 危機状況からの脱出行動における同調性と固着性に関する実験的研究 29 35 1
豊田弘司 漢字の偶発記憶に及ぼす符号化された属性の数および差異性の効果 36 39 2
村上宣寛 散文の超長期記憶とその検索属性について 40 43 2
広瀬雄彦 単語の認知に及ぼす表記の親近性の効果 44 47 2
藤田和生、樋口義治 A研究所における欧文ワードプロセッサー使用行動の普及過程 48 51 2
Hans-Joachim Kornadt ドイツにおける心理学の発展と現況 52 56 3
※種類: 1…原著、2…資料、3…他