機関誌「心理学研究」

Vol.66 No.2

執筆者 タイトル 開始P 終了P 種類
片山美由紀 個人主義者と協調者の差異の検討-利益分配を行う他者の特性認知を中心として- 83 90 1
関根道昭、菊地正 広い視野におけるテクスチャー分離 91 99 1
木内亜紀 独立・相互依存的自己理解尺度の作成および信頼性・妥当性の検討 100 106 1
山岡重行 自己確証としてのユニークネス追求行動-ユニークネス研究への新アプローチ- 107 115 1
菊野春雄 目撃証言における被暗示効果に関する研究-統合仮説と共存仮説をめぐって- 116 120 2
中野敬子 女性を対象としたType A行動パターン測定法-日常行動質問表の作成- 121 126 2
岡林秀樹、大井直子、
原一雄
大学生の人生観の年代的変遷 127 133 2
光富隆 課題志向言語化の様式と誘惑物の魅力度が幼児の待機行動に及ぼす効果 134 140 2
長谷川博一 自己評価の水準と項目評価性が再検査効果に及ぼす影響-継時的比較理論の視点から- 141 145 2
※種類: 1…原著、2…資料、3…他