機関誌「心理学研究」

Vol.66 No.3

執筆者 タイトル 開始P 終了P 種類
磯崎三喜年 自己生成的態度変化としての極性化効果とその持続性に関する研究 161 168 1
杉若弘子 日常的なセルフ・コントロールの個人差評価に関する研究 169 175 1
田中俊明 ニホンザルの発声行動における集団差 176 183 1
林直保子 繰返しのない囚人のジレンマの解決と信頼感の役割 184 190 1
吉川左紀子 2種の相貌印象判断と顔の再認記憶 191 198 1
渡辺功 回転円盤の触的錯覚に及ぼす時間要因の分析 199 204 2
山本愛子 幼児の自己主張と対人関係-対人葛藤場面における仲間との親密性および既知性- 205 212 2
高田利武、松本芳之 日本的自己の構造-下位様態と世代差- 213 218 2
藤田哲也 被験者実演課題(SPTs)の再生における体制化と年齢の効果 219 224 2
※種類: 1…原著、2…資料、3…他