機関誌「心理学研究」

Vol.68 No.6

執筆者 タイトル 開始P 終了P 種類
坂本正裕、
チャールズ プリブル、
ジェームズ キートン
コミュニケーション回避研究の歴史と現状 491 507 3
宮下敏恵、門前進 軽催眠状態における感情・行動に及ぼす否定形暗示文の影響 457 464 1
江尻桂子 乳児における喃語と身体運動の同期現象I -その発達的変化- 433 440 1
藤井義久 大学生活不安尺度の作成および信頼性・妥当性の検討 441 448 1
川西千弘 正確さへの動機づけが対人認知における顔の機能に及ぼす効果 465 470 2
山下光 アルツハイマー病患者の言語性短期記憶障害-自由再生法による検討- 471 477 2
渡辺恒夫 入眠時イメージの個人差に関する研究 478 483 2
堀内孝 自己認知の多次元性と自己関連付け効果 484 490 2
※種類: 1…原著、2…資料、3…他