機関誌「心理学研究」

Vol.73 No.2

執筆者 タイトル 開始P 終了P 種類
橋本圭子、村上肇、
伊藤健一
課題遂行における処理手続きの増加が脳波相関次元に及ぼす効果 186 191 2
友永雅己、伏見貴夫 チンパンジーにおける3次元物体を用いた条件性弁別とその転移 111 120 1
大原貴弘、國分振 画像記憶におけるシーン文脈の影響としての境界拡張 121 130 1
日向野智子、小口孝司 対人苦手意識の実態と生起過程 157 165 1
竹中毅、黒田健二 物体認識のための視覚表現と視覚性運動制御のための視覚表現-二つの傾きのマッチング課題を用いた検討- 172 178 2
内田照久 音声の発話速度が話者の性格印象に与える影響 131 139 1
中村麻衣子 高不安特性群と低不安特性群における表情表出パターン 140 147 1
有光興記 日本人青年の罪悪感喚起状況の構造 148 156 1
鈴木浩明 鉄道関係者と大学生の振動乗り心地評価傾向の比較 166 171 2
林創 再帰的な考え方による複雑な問題の解決可能性 179 185 2
佐藤静 コラージュ制作者の性格特性と作品特性 192 196 2
※種類: 1…原著、2…資料、3…他