機関誌「心理学研究」

Vol.80 No.3

執筆者 タイトル 開始P 終了P 種類
太幡直也 気づかれたくない理由が懸念的被透視感を感じた際の言語的方略に与える影響 199 206 1
遊間義一 共和分回帰・誤差修正モデルによる仮釈放者再入所への経済変動の効果の検証 207 214 1
伊藤満,石井雄吉 コラージュの変化を通してみたアルコール依存症者の病理性 215 222 1
白間綾,石口彰 視野の空間解像度勾配と視覚サンプリングの柔軟性 223 231 1
江良中,横澤一彦 触覚的角度判断における視覚手がかり効果 232 237 1
服部陽介,川口潤 抑うつ者における思考抑制時の侵入思考と注意の焦点化方略の関係 238 245 1
横田晋大,結城雅樹 外集団脅威と集団内相互依存性-内集団ひいきの生起過程の多重性 246 251 2
西野泰代,小林佐知子,北川朋子 高学年児童の抑うつに対する社会環境の影響と自己価値の役割 252 257 2
※種類: 1…原著、2…資料、3…他