機関誌「心理学研究」

Vol.83 No.4

執筆者 タイトル 開始P 終了P 種類
仲 真紀子 面接のあり方が目撃した出来事に関する児童の報告と記憶に及ぼす影響 303 313 1
命婦 恭子・岩田 昇・向笠 章子・津田 彰 長期欠席の前兆としての遅刻についての縦断研究──中学校3年間の調査 314 320 1
財津 亘 虚記憶が隠蔽情報検査に及ぼす影響 321 329 1
川島 大輔・川野 健治 自殺の危機介入スキル尺度(SIRI)短縮版作成の試み 330 336 2
松本 亜紀・箱田 裕司・渡辺 めぐみ マッチング反応を用いて測定したストループ・逆ストループ干渉の発達変化 337 346 2
下田 芳幸・寺坂 明子 学校での怒りの多次元尺度日本語版の信頼性・妥当性の検討 347 356 2
吉本 早苗・竹内 龍人 薄明視における視覚運動プライミングの反転 357 362 3
樋口 収・埴田 健司・小林 麻衣・北村 英哉 ダイエット目標が目標/誘惑に関連した対象の非意識的な評価に及ぼす影響 363 368 3
※種類: 1…原著論文、2…研究資料、3…研究報告、4…展望論文、5…他