機関誌「心理学研究」

Vol.85 No.1

著者 タイトル 開始P 終了P 種類
井上 裕珠・村田 光二 獲得可能性が妬み感情に及ぼす影響 1 8 1
北梶 陽子・大沼 進 社会的ジレンマ状況で非協力をもたらす監視罰則――ゲーミングでの例証―― 9 19 1
白岩 祐子・唐沢 かおり 犯罪被害者の裁判関与が司法への信頼に与える効果――手続き的公正の観点から―― 20 28 1
山本 哲也・山野 美樹・嶋田 洋徳・
市川 健・仲谷 誠
反復性の大うつ病エピソード経験者が示す認知的反応性の特異性 29 39 1
松室 美紀・三輪 和久 正・負事例の混在場面における規則発見 40 49 1
有光 興記 セルフ・コンパッション尺度日本語版の作成と信頼性,妥当性の検討 50 59 2
小林 晃洋・大久保 街亜 日本語版オペレーションスパンテストによるワーキングメモリの測定 60 68 2
浅野 良輔・五十嵐 祐・塚本 早織 日本版HEMA尺度の作成と検討――幸せへの動機づけとは―― 69 79 2
小倉 慈子・矢澤 久史 自己愛傾向とリスクテイキング行動――セルフモニタリングを媒介要因として―― 80 86 3
石川 健太・山口 美和子・
澤 幸祐・高田 夏子・大久保 街亜
対人依存傾向が視線方向判断に与える効果 87 92 3
藤井 勉 顕在的・潜在的自尊感情の不一致と抑うつ・不安および内集団ひいきの関連 93 99 3
李 楊・山岸 俊男 強い互酬性仮説の検証――協力行動と罰行動の関係―― 100 105 3
※種類: 1…原著論文、2…研究資料、3…研究報告、4…展望論文、5…他