機関誌「心理学ワールド」

18号目次

2002年7月号

 特集/病院と心理学

  内   容 執筆者(所属)
[巻頭言] 日本心理学会50年史編集のころ 詫摩武俊
[ことばの森] 泣ける詞 ねじめ正一
[特集]病院と心理学     特集によせて 丹野義彦
医療教育への市民参加 模擬患者として 丹野ひろみ
病院のエコロジー 精神病院のリロケーション効果に関する生態学的心理学 箕口雅博
遺伝医療と心理臨床家の役割 玉井真理子
私たちがターミナルケアを選択するまで ホスピスで夫を看取った体験から 河邉貴子
[Topics]  新しい錯視を創る 北岡明佳
行動のバイアスと無常感 豊田秀樹
[この人に聞く] 小林正幸氏 金子恵美子
[Over Seas]  日本人の仕事と家族 ファン・ティ・マイ・フォン
ビールの国への留学 向居 暁
[大学あちらこちら] 鳴門教育大学 川上 綾子
[ぐらふぃっく日本心理学史] 学会75年 日本心理学会と関西応用心理学会 サトウタツヤ
[こころの臨床家を訪ねて] 子どもの虐待<前編>西澤 哲 正高 信男
[自著を語る]    ミスをしない人間はいない ヒューマン・エラーの研究 芳賀 繁
<希望>の心理学  時間的展望をどう持つか 白井利明
ことばと行動 言語の基礎から臨床まで 小野浩一
大学生の自己と生き方 大学生固有の意味世界に迫る大学生心理学 溝上慎一
[心理のフィールド]  赤ちゃんを相手にする仕事 斉藤 哲
心理学と私 岩田 聡