認定心理士資格準拠教科書

<認定心理士資格準拠>実験・実習で学ぶ心理学の基礎

公益社団法人 日本心理学会 認定心理士資格認定委員会 教科書作成小委員会 編

表紙画像

日本心理学会で認定している「認定心理士」は,心理学分野での代表的な資格のひとつです。 資格審査の対象科目で重要ですが,授業での指導と理解が困難な「基礎科目C領域心理学実験・実習」に関して,資格基準に対応した使いやすいスタンダードを提示するテキストです。 さらには、実験で用いる素材や実行用のパソコン・プログラムもサポートサイトとして、ウェブ上で公開し提供しています。

サポートサイトはこちら

刊行:株式会社金子書房

目次

  • 巻頭言
  • はしがき
  • 本書の内容と使い方
  • 心理学の実験・実習の授業を受けるにあたって
  • 第1部 実 験
    1章
    ミュラーリヤー錯視
       物理的な長さと見た目の長さ
    コラム1
    統計補習 データの基礎的な集計
    コラム2
    統計補習 実験計画と統計的検定
    2章
    大きさ知覚
          人の見方はカメラとは違う
    3章
    奥行き知覚──ランダム・ドット・ステレオグラムによる両眼立体視
       2次元情報をもとに3次元を見る仕組み
    4章
    仮現運動
       位置が変われば動きが見える?
    5章
    視覚探索──視覚的注意と特徴統合
       一目で見つかるとき,なかなか見つからないとき
    6章
    鏡映描写──練習法と学習のプロセス
       練習を一気にやるか,間をおきながらやるか
    7章
    触2点閾
       手は体の表にあらわれた脳
    8章
    知覚と行為のアフォーダンス──「またぐ」と「くぐる」
       身体というものさし
    9章
    生理・神経分野の実習
       汗やドキドキは心と関連している
    コラム3
    スニッフィー(ソフトウェアを用いた仮想動物)による比較心理学の実習
    10章
    単語記憶の再生
       覚えたとおりに思い出すのか?
    11章
    日常記憶
       日々生活するなかで蓄え,維持し,使う記憶
    12章
    ストループ効果
       無視したくても無視できない
    13章
    連想プライミング
       意味のネットワークを調べる
    コラム4
    パーソナルコンピュータを用いた心理学実験
    14章
    空 書
       なぜ漢字を思い出そうとするときに指先が動くのか?
    15章
    思考過程のプロトコル分析
       心の内側を実況中継する
    16章
    顔面フィードバック
       体から心へのルート
    17章
    社会的促進    人がいるところで作業をするとどうなるのか?
  • 第2部 調査,観察,テスト
    18章
    質問紙法の基礎
       心を測るものさしを作る
    コラム5
    統計補習 2変数の関連:相関係数とクロス集計表
    コラム6
    統計補習 心理尺度における信頼性と妥当性
    19章
    SD法
       イメージを言葉で測る
    20章
    パーソナルスペースの観察
       現実場面での席取り行動を調べる
    コラム7
    動物の行動観察
    21章
    調査におけるインタビュー
       語りの聞き方,まとめ方
    22章
    質問紙法のパーソナリティテスト
       1つひとつの質問が目盛り
    23章
    知能検査
       「頭のよさ」を測る
    24章
    神経心理学的テスト
       行動から脳機能を測定する
    25章
    投影法のパーソナリティテスト──バウムテストとP-Fスタディ
       あいまいさが映し出す心
  • 付録
    1. 認定心理士について
    2. シラバスの例