一般研究発表 一覧
原理・方法 | 人格 | 社会・文化 | 臨床・障害 | 犯罪・非行 | 数理・統計 | 生理
感覚・知覚 | 認知 | 学習 | 記憶 | 言語・思考 | 情動・動機づけ | 行動 | 発達
教育 | 産業・交通 | スポーツ・健康 | ジェンダー・フェミニズム | 環境

記憶 89 件中 1 - 10 件目

1EV089
原稿
複数項目の同時提示における背景色の文脈効果(4) 19日 15:30-17:30
E311

      静岡大学   酒井 徹也  

      静岡県立大学短期大学部     漁田 俊子  

      静岡大学     漁田 武雄  
1EV090
原稿
符号化反復における文脈の多様性が自由再生におよぼす効果(7)
―場所単独文脈において反復の分散間隔が10分間,保持期間が1日間での検討―
19日 15:30-17:30
E311

      静岡大学   漁田 武雄  

      静岡県立大学短期大学部     漁田 俊子  
1EV091
原稿
物語理解におけるワーキングメモリ容量の効果 19日 15:30-17:30
E311

      川村学園女子大学   阿部 義信  

      川村学園女子大学     惠里子  
1EV092
原稿
暗算の個人差とワーキングメモリ 19日 15:30-17:30
E311

      京都大学   大塚 結喜  

      京都大学     苧阪 直行  
1EV093
原稿
虚記憶における警告の効果(1)
―虚再生・虚再認の関係と出力モニタリング―
19日 15:30-17:30
E311

      埼玉工業大学   河原 哲雄  

      日本学術振興会(埼玉工業大学)     犬塚 美輪  
1EV094
原稿
虚記憶における警告の効果(2)
―日常記憶・メタ記憶との関連から―
19日 15:30-17:30
E311

      日本学術振興会(埼玉工業大学)   犬塚 美輪  

      埼玉工業大学     河原 哲雄  
1EV095
原稿
日本語リーディングスパン・テストにおけるターゲット語と刺激文の検討 19日 15:30-17:30
E311

      長崎県立大学   大塚 一徳  

      広島大学     宮谷 真人  
1EV096
原稿
記憶力と意図的忘却力の関係 19日 15:30-17:30
E311

      名古屋大学   堀田 千絵  

      名古屋大学     川口  
1EV097
原稿
The Effect of Emotional Valence on False and True Memories in Schizophrenia 19日 15:30-17:30
E311

      The Catholic University of Korea   Park, Young shin(朴永信)*  

      Yonsei University College of Medicine     Kim, Jae-Jin*  

      The Catholic University of Korea     Kim, Ki-Joong*  

      The Catholic University of Korea     Nam, Jong-Ho*  
1EV098
原稿
嘘が記憶に及ぼす影響についての認知心理学的研究
―嘘の方略が記憶リハーサルに及ぼす効果について―
19日 15:30-17:30
E311

      日本大学   田中 未央  

      日本大学     厳島 行雄  


1  2  3  4  5  6  7  8  9  >> 次へ


Copyright © 2008 The Japanese Psycological Association, All rights reserved.