公開シンポジウム・社会のための心理学シリーズ

コミュニケーションの暴走 いじめ・DV・虐待

ポスター画像
日時・場所
東京会場(定員300名)
※申込が定員に達し,キャンセル待ちでの受付となっております。
2015年11月22日(日) 13:30―16:30
東京大学弥生講堂
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内
東京メトロ南北線「東大前」駅徒歩1分
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html
京都会場(定員200名)
2015年12月20日(日) 13:30―16:30
京都女子大学 C校舎C412教室
〒605-8501 京都市東山区今熊野北日吉町35
JR京都駅・四条河原町から京都女子大学までの直通バス“プリンセスライン”「京都女子大学前」で下車
http://www.kyoto-wu.ac.jp/access/index.html
概要
道を歩いていて見知らぬ人にいきなり叩かれたら、物をとられたら、私たちは迷わず警察に駆け込むだろう。けれどもそれがクラスメートやパートナー、あるいは親によるものであったらどうであろうか。いじめ、DV、虐待・・・?いや、単なる遊び、愛情、しつけかもしれない。そのような判断の狭間で、時だけが過ぎていく。
本来ならば共に生き・育ち、あるいは育み、慈しみ、愛情をそそぐべき関係性のなかで起こる「加害・被害」は、学級、夫婦、家族といった関係性を維持する枠組や期待のなかで、当事者にも周囲の者にも否認や矮小化の認知を引き起こす。
このシンポジウムでは、いじめ、DV、虐待の実態、どう気づくか、どう対応すればよいかを3人の専門家にお話いただく。
企画者
仲 真紀子(北海道大学)
内田 伸子(十文字学園女子大学)
箱田 裕司(京都女子大学)
司会
仲 真紀子(北海道大学)
指定討論者
内田 伸子(十文字学園女子大学)
基調講演
■東京会場
Prof.Sheri Bauman(University of Arizona)
■京都会場
Prof.Keumjoo Kwak(Seoul National University)
話題提供者
戸田 有一(大阪教育大学)
 いじめ:問題とその対応
相馬 敏彦(広島大学)
 DV:問題とその対応
大山 みち子(武蔵野大学・広尾心理臨床相談室)
 虐待:問題とその対応
お申込み
お申込みはE-mail( jpa-event@psych.or.jp ),Fax,往復はがきで,参加希望日・シンポジウム名を明記の上,住所・氏名・年齢と,日本心理学会会員の方は会員番号,認定心理士の方は認定番号をお知らせください(E-mailでの申込時は,件名に希望日・シンポジウム名をご記入ください)。
※ 参加希望の方は必ず事前にお申し込みください。お申込みいただいていない方は,ご入場いただけない場合がございます。
※ シンポジウムごとにお申込を受け付けております。他のシンポジウムへの参加を希望される方は,別途お申込みください。
※ お申し込みいただいた順に,受付番号をお知らせします。
※ 手話通訳を希望される方は,事前に日本心理学会事務局へご相談ください。