公益社団法人 日本心理学会

詳細検索

心理学ワールド 絞込み


号 ~

執筆・投稿の手びき 絞込み

MENU

刊行物のご案内

心理学ワールド(機関紙)詳しくはこちら

刊行物

  1. 日本心理学会では,「多様性に関わるガイドライン」を作成することになりました。ワーキンググループに参画して,ガイドラインの作成に協力してくれるメンバーを募集いたします。

  2. JPR, Vol.64, No.2(2022年4月号)掲載予定で,特集号の公募を開始いたしました。

    ※ご投稿の前に,特集号編集者に論文概要(500語以内)をお送りください。

    詳細はこちらをご覧ください。

  3. 例年,日本心理学会年次大会の前日にプレコンベンション学術交流会を開催し,各賞授賞式等を行ってまいりました。しかし今年は,新型コロナウィルスの感染拡大防止のため,本会の開催を中止することになりました。そこで授賞式に代わるものとして,本サイトにて受賞者の皆様の業績や論文等を,会員の皆様に広くご紹介いたします

    こちらをご覧ください。

  4. J-Stageで掲載論文の全文をご覧いただけます。

    掲載論文の日本語アブストラクトとキーワードはこちらをご覧ください。

  5. 日中韓三カ国シンポジウムが8月22日(土)に開催されます。今年は韓国心理学会(Korean Psychological Association)の主催で開催され,コロナウィルス感染症の影響により,オンライン開催となります。それにより,日中韓三カ国の心理学会の会員に会場のアドレスが提供され,視聴可能となっております。

    会員の皆様にはメール配信にて詳細をご連絡しておりますので,そちらをご覧ください。

  6. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に関連した,心理学的な実践活動および研究を募集しました。

    その結果,全99件の応募があり,常務理事会で審議し,15件の研究に対して助成を行うことが決まりました。

    詳細はこちらをご覧ください。

  7. 台湾心理学会との協力協定により,日本心理学会会員の方は,台湾心理学会会員と同等の資格で台湾心理学会の年次大会に参加し,ポスター発表,口頭発表を行うことができます。

  8. 「心理学ワールド」の記事と「心理学ミュージアム」の展示作品から,今回の感染症に関する悩みや諸問題の理解や対応につながるものを集めました。ぜひこの特設ページをお役立てください。

  1. 第59回台湾心理学会(10月17日―18日オンライン開催 発表申込締切8月15日)

    台湾心理学会との協力協定により,日本心理学会会員の方は,台湾心理学会会員と同等の資格で台湾心理学会の年次大会に参加し,ポスター発表,口頭発表を行うことができます。

  2. ICP2020 アブストラクト提出再開について

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより,開催が延期したICP2020(2021年7月18日―23日)のアブストラクト提出が再開されました。

    詳細はこちらをご覧ください。

  3. ICP2020 アブストラクト提出期限延長について

    ICP2020アブストラクトの提出期限が2020年1月19日まで延長されました。

    詳細はこちらをご覧ください。

  4. 2019年プレコンベンション学術交流会は申し込みが定員に達しました

    2019年プレコンベンション学術交流会の事前参加申込は定員に達しましたので締め切りました。ご参加は,事前申し込みをされている方のみに限らせていただきます。何卒ご了承ください。

  5. 第58回台湾心理学会(11月2―3日・Kaohsiung City,Taiwan 発表申込締切9月15日)

    台湾心理学会との協力協定により,日本心理学会会員の方は,台湾心理学会会員と同等の資格で台湾心理学会の年次大会に参加し,ポスター発表,口頭発表を行うことができます。

  1. 「多様性に関わるガイドライン」作成のためのワーキンググループメンバーの募集

    日本心理学会では,「多様性に関わるガイドライン」を作成することになりました。ワーキンググループに参画して,ガイドラインの作成に協力してくれるメンバーを募集いたします。

  2. Japanese Psychological Research, Vol.64, No.2 掲載予定 特集号 "Culture and Health" 一般公募開始のお知らせ

    JPR, Vol.64, No.2(2022年4月号)掲載予定で,特集号の公募を開始いたしました。

    ※ご投稿の前に,特集号編集者に論文概要(500語以内)をお送りください。

    詳細はこちらをご覧ください。

  3. 「新型コロナウイルス感染拡大に関連した実践活動及び研究」の募集(締切6月30日)

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に関連した,心理学的な実践活動および研究を募集いたします。締め切りは2020年6月30日(火)です。

  4. 研究会助成・国際会議旅費補助・災害復興助成の募集(各締切2020年5月31日)

    2020年度の研究会助成国際会議旅費補助災害復興助成の募集を公示しました。申込締切は,いずれも2020年5月31日(日)です。

    ※新型コロナウイルスの影響等により,対象となる研究集会・国際会議・実践活動および研究の開催や実施が中止となった場合には,キャンセル料の補助など柔軟に対応してまいります。

  5. 「台風19号等による災害からの復興の為の実践活動及び研究」の募集

    今回は台風19号を始めとする,2019年度に発生した災害に限定した実践活動や研究への特別助成を行います。

    締切:2020年1月10日(金)必着

Twitter

日本心理学会からの最新NEWS

  1. 日本心理学会では,「多様性に関わるガイドライン」を作成することになりました。ワーキンググループに参画して,ガイドラインの作成に協力してくれるメンバーを募集いたします。

  2. JPR, Vol.64, No.2(2022年4月号)掲載予定で,特集号の公募を開始いたしました。

    ※ご投稿の前に,特集号編集者に論文概要(500語以内)をお送りください。

    詳細はこちらをご覧ください。

  3. 例年,日本心理学会年次大会の前日にプレコンベンション学術交流会を開催し,各賞授賞式等を行ってまいりました。しかし今年は,新型コロナウィルスの感染拡大防止のため,本会の開催を中止することになりました。そこで授賞式に代わるものとして,本サイトにて受賞者の皆様の業績や論文等を,会員の皆様に広くご紹介いたします

    こちらをご覧ください。

  4. J-Stageで掲載論文の全文をご覧いただけます。

    掲載論文の日本語アブストラクトとキーワードはこちらをご覧ください。

  5. 日中韓三カ国シンポジウムが8月22日(土)に開催されます。今年は韓国心理学会(Korean Psychological Association)の主催で開催され,コロナウィルス感染症の影響により,オンライン開催となります。それにより,日中韓三カ国の心理学会の会員に会場のアドレスが提供され,視聴可能となっております。

    会員の皆様にはメール配信にて詳細をご連絡しておりますので,そちらをご覧ください。

  6. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に関連した,心理学的な実践活動および研究を募集しました。

    その結果,全99件の応募があり,常務理事会で審議し,15件の研究に対して助成を行うことが決まりました。

    詳細はこちらをご覧ください。

  7. 台湾心理学会との協力協定により,日本心理学会会員の方は,台湾心理学会会員と同等の資格で台湾心理学会の年次大会に参加し,ポスター発表,口頭発表を行うことができます。

  8. 「心理学ワールド」の記事と「心理学ミュージアム」の展示作品から,今回の感染症に関する悩みや諸問題の理解や対応につながるものを集めました。ぜひこの特設ページをお役立てください。

Twitter


表示されない場合には、上記「日本心理学会 @jpa_psych」をクリックいただくか、
プライベートブラウジングを解除してご確認ください。

Facebook


日本心理学会
表示されない場合には、上記「日本心理学会」をクリックいただくか、
プライベートブラウジングを解除してご確認ください。