機関誌「心理学ワールド」

50号目次

2010年7月号

 特集/自己に関する多様な視点-疑いから慈しみへ-

  内   容 執筆者(所属)
[巻頭言] 人間活動の舞台構築に向けて 鹿取廣人(東京大学名誉教授)
[巻頭随筆 ことばの森] 暮らしの心理学 八木亜希子
(フリーアナウンサー)
[特集]
自己に関する多様な視点
‐疑いから慈しみへ‐
特集にあたって 杉浦義典(広島大学)
「私」の主はホントに「私」? 佐藤 德(富山大学)
膨れ上がった自己 自己愛的パーソナリティ 小塩真司(中部大学)
自己への慈しみ self-compassion 伊藤義徳(琉球大学)
自己の進化と発達 比較認知発達科学から見た自己 板倉昭二(京都大学)
[常務理事会から] (社)日本心理学会を国際化しよう 丹野義彦国際担当常務理事
(東京大学)
[小特集]研究にはお金が必要か 研究のお金と学術プロレタリア 渡辺 茂(慶應義塾大学) 
グローバルCOEプロジェクトと若手人材育成 亀田達也(北海道大学)
大学院生活とお金 伊藤祐康(京都大学)
研究費を使うということ 竹中一平(岡山短期大学)
[この人に聞く] 松井三枝(富山大学) (インタビュアー 
柴﨑光世(明星大学))
[大学あちらこちら] 北九州市立大学 松尾太加志(北九州市立大学)
[Over Seas] McGill Universityへの留学体験 佐々木淳(大阪大学)
[Ex-Over Seas] 35年前のポスドク生活 カナダ・ヨーク大学で学んだこと 中溝幸夫(北九州市立大学)
[みてみて実感!心理学史] 最終回 トリプレットの実験と実験社会心理学の
起源をめぐる論争(連載)
サトウタツヤ(立命館大学)
[心理学ふしぎふしぎ] 心はどこにあるのですか? 森 直久(札幌学院大学)
[自著を語る] “自己意識的感情の心理学” 北大路書房 有光興記(駒澤大学)(編著)
“無意識と社会心理学 高次心理過程の自動性” ナカニシヤ出版 及川昌典(同志社大学)(編訳)
“行動意思決定論 経済行動の心理学” 日本評論社 竹村和久(早稲田大学 )(著)
“シリーズ・防災を考える2” 防災の心理学 
ほんとうの安心とは何か"東信堂
仁平義明(白鷗大学)(編著)
[心理のフィールド] 鉄道安全のフィールド 重森雅嘉(鉄道総合技術研究所)
[認定心理士コーナー] 骨髄バンク事業に携わる一員として 小林寿江(骨髄移植推進財団)
認定心理士認定委員会より 横田正夫認定担当常務理事
(日本大学)