公益社団法人 日本心理学会

詳細検索

心理学ワールド 絞込み


号 ~

MENU

刊行物

  1. HOME
  2. 刊行物のご案内
  3. デスクリジェクションに関する手続きについて (Desk rejection procedure)

刊行物のご案内

デスクリジェクションに関する手続きについて (Desk rejection procedure)

国内外からの心理学研究(心研)およびJapanese Psychological Research(JPR)への投稿件数増加に伴い,学術論文として査読手続きに進めることが不適切と思われる論文も増加している。このような状況に対応するために,通常の査読プロセスに進む前に不採択の判断を行う手続きを以下のように定める。


なお今後,修正が必要な場合には,適宜,機関誌等編集委員会で修正することとする。


編集委員長または副編集委員長が,担当編集委員への依頼の前に,投稿論文について掲載が不適切であると判断した場合,協議の上,通常の審査を経ずに掲載不可を決定(デスク・リジェクション)できる。担当編集委員は,審査委員を選定する前に同様の判断を行った場合,デスク・リジェクションを編集委員長に,具体的な理由を添えて提案できる。提案の可否は,編集委員長,副編集委員長の協議により決定する。これらの協議には編集担当常務理事および担当編集委員が加わることができる。


  • 日本語版掲載日:2018年5月12日
  • 英語版掲載日:2018年8月28日

 

Desk rejection procedure

As the number of submissions to Japanese Journal of Psychology and Japanese Psychological Research increases domestically and internationally, there are an increasing number of manuscripts that are inappropriate to send for peer review. To address this situation, the JPA set forth a procedure for rejecting these submissions before being advanced to the normal peer review process, as follows.


If revision becomes necessary, the Editorial Committee will make appropriate revisions as necessary.


If the Chief and Associate Editor of the Editorial Committee decides the submitted manuscript is not appropriate for publishing before requesting it be sent to the Editorial Committee member in charge, the manuscript can be rejected after consultation without going through the normal screening process (desk rejection). If the Editorial Committee member in charge makes a similar decision before selecting screeners, the member may propose a desk rejection to the Chief Editor of the Editorial Committee with specific reasoning. The Chief and Associate Editor of the Editorial Committee will decide after reaching a mutual agreement on whether to accept the proposal. The Executive Editor and the Editorial Committee member in charge may participate in this consultation.


  • In Japanese: Published on May 12, 2018
  • In English: Published on July 28, 2018